最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

編集部
KEIROとプロビデンス提携プログラム 「癒しケア」で自分に合ったプラン③-2

2019-02-09

日米の医療システムの違いを日本語で説明


外来患者を診察する八浪祐一・エドウィン医師(左)


 日本からアメリカに来た患者さんやご家族で、日米の医療システムの違いに戸惑っている方がいました。日本ではどこの病院でも行くことができて、いつでも医師に診てもらえて、基本的に予約もすぐに取れて、医療費もアメリカに比べれば安いです。アメリカの医療システムは日本と違う部分もあるので、アメリカの医療システムが分からないと、言語の問題があるから、または、差別されているから、ちゃんとしたサービスが受けられないのかもしれないと、不安に感じるようです。

 私は日本でも働いていたので、日米の医療システムの違いなども分かりますから、日本語で正確な情報、正確な状況を患者さんとご家族に説明できます。具体的に、「この部分はアメリカでも日本でも可能ですよ」または「可能ではないですよ」と。日本から来た方には日本に帰国する選択もあります。これまでで、ある患者さんは帰国したいとのご希望だったので、そのお手伝いをしました。

決断を迫られた時の相談相手として

 シニアのいるご家族から、親御さんがもう病院に行きたくないと言っているので、どうしたらいいのか分からなくて困っているとご相談がありました。お子さんは少ししか日本語を話さないので、日本語を話す医師なら親御さんも喜んで診察を受けてくれるかもしれないから、一度往診に来てくれないかという話でした。そこで、患者さんの主治医からリファーラル(紹介状)を出していただいて、私が患者さんを訪ねました。

 この患者さんは、ご自分でご飯も食べたり、ご自分で身の回りのこともできたりしたので自宅で生活していました。最初の訪問の時、私は患者さんを診察しながら、患者さんから日本語でいろいろな話を伺いました。そしてこの患者さんの状態から、月に一回のペースで往診をすることにしました。回を重ねるごとに患者さんともコミュニケーションが取りやすくなって、「急変した時はどうして欲しいのか?」「何かあった時は患者さんがどうして欲しいか?」などをお話するようになりました。

 ある日、患者さんが脳梗塞になりました。かなり大きな脳梗塞だったので、病院に入院したら治療が高齢の患者さんに負担になるかもしれないし、治療で患者さんの状態が好転するのは難しいかもしれないと判断できました。そして何と言っても患者さんが以前から「病院には行きたくない」とおっしゃっていたので、ご希望に沿えられるように、どうやったら、ご自宅で安らかに最期を迎えられるのかを考えました。

 そして、ご家族に、「すぐにホスピスをスタートして、ご自宅で楽にいられるようにしませんか?」と助言しました。ご家族も親御さんの状態を理解した上で、その後、患者さんは自宅でホスピスケアを受けることになって、患者さんは亡くなられました。

 このケースでは、患者さんがまだお元気なうちにお話ができたので、急変した時にご本人が希望されたケアを受けられるお手伝いができました。

 急に親御さんに何か起きた時、もしご家族に相談する相手がいなければ、病院に入院して治療を受ける選択肢しか考えられないかもしれません。とっさの時、みなさん、「なんとかしたい」という気持ちになりますから、これは正常だと思います。けれど、後から振り返ると、親御さんは治療をやりたくなかったかもしれないな・・・こんなはずじゃなかったのにな・・・というケースもあると思います。



前のページを読む ▶︎ 1
続きを読む ▶︎ 3
続きを読む ▶︎ 4


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ