最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

編集部
KEIROとプロビデンス提携プログラム 「癒しケア」で自分にあったプラン ① - 2

2019-01-26

「癒しケア」利用者の声 ~まさみさんのケース~

 ある日、まさみさんは、がんと診断されました。15年前に患ったがんが、再発しました。

 まさみさんは、15年前はしっかり治療を行いましたが、今回は少し事情が違いました。

 再発が診断された時、日本にいる、まさみさんの母親が介護を必要としていました。娘として、日本で暮らす親の介護をすることは最優先事項でした。そこで、まさみさんは、抗がん剤治療をせず、民間療法をしながら日本とアメリカを行き来しました。がんの転移は覚悟の上だったので、この選択をしたことについては、後悔はなかったそうです。

 「彼女にとってはそれが一番大切だったので」と、夫のひろさんは語ります。

 再発から2年後、がんの影響で大腸閉塞になり、専門医に行くと、すぐに救急に向かうよう指示され、二人は病院に向かいました。

 夜8時過ぎからさまざまな検査を受けましたが、医者に診てもらったのは翌日の朝5時でした。二人で、わずかな毛布代わりのタオルで一夜を病院で過ごしました。

 「一晩寝ずに、気が動転していて、なおかつ状況がどんどん変わっている中、さらに言語の壁もあって、一体そんな状況で誰が正確な判断をできるでしょうか?」

 医者から、まさみさんがすぐに手術が必要なことを知らされます。

 ひろさんは当時を振り返って「英語は話せましたけど、医療用語は難しかったです。とにかく情報が欲しかったけれど、理解できない状態でした」と語ります。

 まさみさんの医療チームが、すぐに手術をするかどうかを判断するようにと、ひろさんに決断を求めました。しかし、ひろさんは、医療の内容がいまいち理解できず、ベッドで苦しむ奥さんを隣で心配しながら、どうしていいのか分かりませんでした。

 医者との初めての面談時には、病院の通訳サービスを利用しました。

 「通訳の方が電話の向こうにいて訳してくれましたが、話すスピードがとても速かったので、会話の内容を録音しました。

 通訳のサービスがあったのは本当にありがたかったのですが、電話を回して、お医者さんの時間を多くとって迷惑をかけてしまい、申し訳なかったです。判断しなければならないスピード感を考えると、あまり効率的ではなかったです」

 医者から手術をするか否かの判断を求められた際、まさみさんもひろさんも、どうしていいか分かりませんでした。

 たくさんの質問がひろさんの頭の中を駆け巡りました。

 「手術によって何か後遺症はないものなのか?」

 「どれくらい一般的な手術なのか?」

 「手術の成功率はどうなのか?」

 二人は混乱し、右も左もわからない時に、「癒しケア」チームの医師、八浪先生を紹介されました。

前のページを読む ▶︎ 1
続きを読む ▶︎ 3
続きを読む ▶︎ 4


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ