Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.54 Fukushima50

2020-03-19


 終わったー。アパートが崩れて生き埋めになる!と命の危険を感じるほど揺れた東日本大地震の翌日、追い討ちをかけるように福島第一原発1号機建屋が爆発で吹き飛んだ。
 
 2011年3月11日、日本観測史上最大の地震が発生した。
 
 各都市で家屋の倒壊や巨大津波による壊滅的な被害が生じていた頃、東京電力・福島第一原子力発電所(イチエフ)も想定外の高さの津波に見舞われ発電機が水没、全電源が喪失し原子炉の冷却が不可能という非常事態が起きていた。このままでは核燃料が溶けて“メルトダウン”に至り、東北地方のみならず首都圏までも放射能に汚染にされてしまう…最悪のシナリオを阻止すべく、所長を含めた50人の作業員たちは発電所内に留まることを決意する。
 
 あの日、福島の原子力発電所で何が起こっていたのか。恥ずかしながら、まずは離れて暮らす身内に無事だと連絡し、当分の仕事はどうするか、食糧は何日分買っておけば良いか等で精一杯で、まさかあのような状況下で危険を顧みず、日本のため文字通り命を懸け最善を尽くしてくれた人たちがいたとは想像が及ばなかった。マスメディアを通じての政府や東電本店の会見からは決して知り得なかった、イチエフの緊迫した現場の様子。また、当時の総理をそんな風に演じて大丈夫かと心配するほど忖度なく、全体的に嫌味な政治色が無いのが良かった。
 
 爆発が起きた瞬間、日本は終わってしまった、SFでよくある核戦争後のディストピアのようになるのかと頭が真っ白になったが、被害を最小限に抑え日本を守ってくれたFukushima50、作業員の方々には本当に感謝してもしきれない。
 
 今夏の東京オリンピックは世界に向け復興をアピールする場でもあるし、日々の暮らしにおいても復興の取り組みは引き続き行われており、先日は原発事故の影響で不通になっていた福島県浪江町~富岡町区間のJR常磐線が9年ぶりに運転を再開した。しかし、未だ避難生活を送る被災者がいること、原発自体への問題意識を持つことを忘れてはいけないと思った。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ