UK治験

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

JERCの教育相談Q&A
vol.18 子どもの『こころ』を育み『知能』を育てる言葉

2019-04-08

 言語学にも造詣が深い外山滋比古先生は、ご著書などで「バイリンガリズムは幼い子にとって負担である」と言われています。子どもは母のことばで育てなくてはならない。母語がわかるようになってから、外国語を始めても遅すぎることはないと。

1)アルファー語(具体語)とベーター語(抽象語)
 お母さんはアルファー語(見ることも触ることもできる言葉)でゆっくり話しかける。子どもは最初アルファー語を習得し、それからベーター語(見ることも触ることもできない言葉)の双方が習得されたところで『子どもの心』が生まれる。三つ子の魂である。
 『これはえほんね。これはリンゴ。これはボール』とお母さんは子どもに語りかけると、子どもは目で見て触りながら物の名前を覚えていく。語彙の習得である。
 それから幼稚園に通う年齢になると、そこでベーター語をしっかり身に付けさせる。大人の話を聞く訓練が始まる。先生の話が聞き分けられるようにすることが大切である。
 お母さんは家庭の中で、頭の中で解ることばを育むことである。昔話やおとぎ話を毎日きかせることで、見ることも触ることもできないことばを育む。

2)小学校で具体的言語の理解から抽象的言語の理解への移行
 具体語から文字を読むことを始め、2、3年かかって抽象語のことばを読めるようにする。物語等フィクションの文章を読ませることで、抽象語ができるようになる。 参考文献:外山滋比古著「頭のよい子はことばで育つ」

 ことばによって育まれる子どもには、先ず母語で母乳語(具体語)と離乳語(抽象語)を育てる必要があります。それが学習していく上でどれほど大切なことか!

 詳しくは4月24日(水)午前10時より開催の教育オリエンテーションでお話し致します。

テーマ:「子どもはことばで育つ」~ 子どもの耳をよくするしつけ ~
お申込みはJERC日米教育サポートセンターまで。
Phone: (310) 373-4888 or (310) 502-3603 E-mail: office@jerc.org


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

岩永留美

教育アドバイザー

新しく赴任されたばかりのご家族、すでに数年滞在されている皆さま、お子さんの教育でお困りのことはありませんか?  海外での子どもの教育は、分らない事ばかり。異文化の中で、戸惑われていることも多いのではないでしょうか。 世界中どこからでも日本語でご相談ください。

Phone: (310) 373-4888 E-mail: office@jerc.org
URL: www.jerc.org




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UK 治験 Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ