最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.12 トルコ ~イスタンブール~

2018-08-23

 「トルコリラ急落」、「観光客が高級ブランドショップに殺到」、「エルドアン大統領がアメリカの電化製品ボイコットを表明」…元を辿ればトルコで拘束された米国人牧師の釈放が進まないのが発端らしく、ここ数日なんとも不穏な見出しが躍っている。外交というのは難しい。


 紀元前にはビザンティオン、後に東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルと名を変えいまに至るイスタンブー ルは、古くからアジアとヨーロッパの文化を結ぶ交易地点。その最たる象徴は“アヤソフィア”ではないだろうか。キリ スト教の大聖堂だったが、オスマン帝国の領地になった際にイスラム教の典型的なモスクの外観に改築された経緯があるため、建物内にはイエス・キリストのモザイク画が残されている。館内スタッフが「このモザイク画は、右から見ても左から見てもキリストと目が合うように出来ているんだよ」と教えてくれた。


 また、イスタンブールは夜も異国情緒たっぷりで美しい。“スルタンアフメト・モ スク”、通称ブルーモスクはライトアップされ神秘的でつい見とれてしまう。金角湾を挟んで向こう側、新市街に沈む月を眺めるのも良いし、比較的遅くまで活気のある旧市街の路面店で度数高めの地酒、ラクを嗜むのもおすすめ。


非喫煙者は抵抗があるかもしれないが、“シーシャ”と呼ばれるイスラム圏独特の水タバコが気軽に試せる。りんご味やキャラメル味を楽しみながら、散策で疲れた足を休めてはいかが?ちなみに、美味しかったので自分用の土産に買って帰ったが、火をおこすのが大変で今ではただのオブジェと化している。

 さて、古より旅人の行き交う都市イスタンブール。欧州方面への途中、トランジットでお世話になるたびについ寄り道して数日過ごしてしまうのも、そんな歴史が関係しているのかもしれない。なお、“007スカイフォール”や“96時間/リベンジ”、“インフェルノ”などメジャーなアクション系映画にもよく登場するので、「お、見たことがあるぞ」と既視感を覚える可能性大!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ