NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

ピアノの道
vol.124 感情と記憶

2024-03-01

 忘れもしない、高校時代のある日。ジュリアードでの授業中、舞台上で「実験をしてみましょう」との前置きと共に同級生たちの前で先生にこんなことを言われてから演奏したことがあります。

 「想像してください。戦時下の演奏会。あなたは知っています。聴衆の一人が情報員であること、そしてあなたの演目の中に暗号化された国家機密が組み込まれていることを。あなたの任務はこの曲を正確に明瞭に弾くことです。あなたの演奏は戦局を影響し、何千人・何万人の運命を左右するやもしれない。さあ、弾いてください!」

 ワクワクと張り切って最初の一音から最後の一音まで弾ききりました。級友たちが「おお~~」と喝采を送ったのは私だったのか、この指示を出した先生だったのか。

 なぜこの思い出が私の記憶に鮮明なのか、なぜこの様な教え方が効果的なのか、脳のメカニズムへの理解を少し深めた今説明ができます。

 好き嫌いの判断や感情や生存本能を司る偏桃体 (amygdala)という部位と記憶を処理する海馬 (hippocampus) は隣り合わせ。記憶に値するインプットかどうか海馬が判断する基準の一つが偏桃体からの感情シグナルなんです。だから楽しい思い出とか怖い映画などの記憶が鮮明ですよね。それを逆手にとって記憶を活性化させるために感情を煽る…それをこの先生はしていたのです。そしてだから気候変動や紛争などの問題の理解と解決のために、結束感や快感を与える音楽を起用することが効果的なのです。音楽は感情を刺激します。だから吟遊詩人は長い詩を歌に乗せたんです。だから識字率が低い中世、歌にすることが記憶術だったんです。


(出展:https://sachimiichimura.com/1048/) 


この記事の英訳はこちらでお読みいただけます。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

平田真希子 D.M.A. (Doctor of Musical Arts)

日本生まれ。香港育ち。ピアノで遊び始めたのは2歳半。日本語と広東語と英語のちゃんぽんでしゃべり始めた娘を「音楽は世界の共通語」と母が励まし、3歳でレッスン開始。13歳で渡米しジュリアード音楽院プレカレッジに入学。18歳で国際的な演奏活動を展開。世界の架け橋としての音楽人生が目標。2017年以降米日財団のリーダーシッププログラムのフェロー。脳神経科学者との共同研究で音楽の治癒効果をデータ化。音楽による気候運動を提唱。Stanford大学の国際・異文化教育(SPICE)講師。

詳しくはHPにて:Musicalmakiko.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ