NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

ITのススメ
vol.3 カード詐欺の被害に遭う時

2024-03-01

 知らないうちにクレジットカードに課金される被害の報告が多いこの頃です。カードも無くしていないし、他人に貸したことも無いという方がほとんどです。なぜこんなことが起きるのかというと一つはレストラン等、手渡しでカードを預ける場合。この場合はカードを預かった店員が見えない場所でカメラでカードを撮影して番号や有効期限、セキュリティーコードなどを盗みます。この場合の有効な対策はカード番号の書いてないカードを使うことです。別なスキミングの方法はカバンの外側からスキマーを当てるだけです。最近のクレジットカードはコンタクトレスになっていてRFID(Radio-Friquency Identification)という国際規格が採用されています。日本で電車に乗る時にSuicaのカードを財布に入れたまま、財布をスキャンして改札が通れるのも同じ原理です。飛行機の搭乗時などのように混み合った場所でハンドバッグを肩から担いでいる女性は被害に遭う確率が高いです。もちろんバッグの外からスキャンして全て上手くいく訳ではありませんが高性能のスキマーを使うとかなりの確率でカードのスキャンができてしまいます。ハンドバッグの外側からスキマーを当てられる場合に有効なのがScan Proofが付いたバッグを使用することです。 

 Louis Vuittonなどの高級ブランドやCalvin Kleinなどのカジュアルブランドでも発売しています。財布などもScan Proofがついたものを購入したほうが安心安全です。

 ガソリンスタンドや銀行のATMなどのカードを差し込むタイプのものも注意が必要です。本来の差し込み口の上にスキマーが取り付けされていることもあります。少しでも違和感を感じたら差し込み口を触ってみて下さい、グラグラするようだとスキマーが取り付けられている可能性があります。またその場合に犯人は近くに居てATMの機械のカメラもハックしていることもあります。暗証番号を押す際には手で傘を作ってカメラに番号を押すところが映り込まないように気をつけましょう。どんなに気をつけても被害に遭うことが避けられない時代になってきました。なのでカードや銀行口座のステートメントは必ず目を通すように習慣を作り、クレジットカードは使用するたびにテキストやemailでメッセージが来るように設定しあなたの財産を守れるような仕組みを作ることが大切です。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

Yukinari Suda、IT Engineer

日本生まれ 22 歳で渡米、1998 年にYuki’ s PC Lab をダウンタウンLA で起業、多くの日系オフィスやパソコンユーザーへサービスを提供し、現在ガーデナにて修理や改造、クラス、コンサルティング業務を継続中。 Yuki’s PC Lab 1011 W. 190th St, Unit 1/2 Gardena, CA 90248 424-396-3258




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ