NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

ピアノの道
vol.114 ピアニスト放浪記

2023-09-29

 本の虫だった私が両親の本棚からも読み漁るようになったのは小学校高学年。中でも「お嬢さん放浪記」の薄い文庫本は何度も読み返しました。犬養道子さんは5.15事件で殺された犬養毅の孫です。戦後、欧米から環境や難民などの問題に取り組んだ放浪記の犬養道子さんは世界中での出会いを慈しみ、冒険に挑み、そしてその全てから貪欲に学んでいました。私はそんな放浪人生に憧れてパリやD.C.などの大都市でも、家畜の頭数が人口より多い広大な田舎でも、目を疑うような豪邸や中世からの歴史あるお城でも、ホームレスシェルターでも、沢山の舞台をこなし、様々な人生や社会を垣間見てきたのだと思っています。物よりも体験を、貯金よりも思い出を、名声よりも友情を大事にしてきた私の音楽人生は主流ではないかもしれません。でもお陰で本当にたくさんの出会いと学びに恵まれてきました。

 人は旅人に打ち明け話しをしたくなるものなのでしょうか。18歳の時にボリビアで最初の演奏旅行をしたとき以来、世界中で人々の「王様の耳はロバの耳」的告白をたくさん聞いてきた気がします。特に若い時は固唾をのんで聞き入りました。そして私自身もいろいろな打ち明け話しを世界中でしてきたのだと思います。もう20年以上も前に私の演奏を聴いてくださったお客様から「主人の遺品を整理していたらあなたの演奏会の時に一緒に撮った写真が出てきて…」とメールを頂いたこともあります。25年前旅行中にたまたま相席でご飯をした方から急にFacebookでお友達リクエストが舞い込んで来たり、私の公開レッスンを受講して下さったピアノ愛好家の方が急に私のブログに熱いコメントをなげかけてくれたりもします。それを思うと私は音楽の輪を世界に紡ぐお仕事をしているのだなあ、と感じます。

 最近また旅行が増えてきました。前回のエントリーはシアトルから、今回のエントリーはヒューストンから送っています。私の音楽活動は演奏だけではないのだなあ、としみじみカタカタタイプしています。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

平田真希子 D.M.A. (Doctor of Musical Arts)

日本生まれ。香港育ち。ピアノで遊び始めたのは2歳半。日本語と広東語と英語のちゃんぽんでしゃべり始めた娘を「音楽は世界の共通語」と母が励まし、3歳でレッスン開始。13歳で渡米しジュリアード音楽院プレカレッジに入学。18歳で国際的な演奏活動を展開。世界の架け橋としての音楽人生が目標。2017年以降米日財団のリーダーシッププログラムのフェロー。脳神経科学者との共同研究で音楽の治癒効果をデータ化。音楽による気候運動を提唱。Stanford大学の国際・異文化教育(SPICE)講師。

詳しくはHPにて:Musicalmakiko.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ