NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.194 幸いなこと

2023-09-03

 イエスが起こした奇跡の一つに「五つのパンと二匹の魚」で五千人以上の人々を養った、というのがあります。人里離れたところまでイエスを追って集まって来た人々を解散させてほしいと頼んだのはイエスの弟子たちでした。夕暮れになったので自分達で近くの村へ行き食べ物を手に入れてもらおうとしたのです。すると、イエスは「行かせることはない。あなたがた彼らに食べる物を与えなさい」と命じたのです。しかし、弟子たちは「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」、と解散させねばならない理由に触れます。わずかながらも、そのパンと魚は、イエスと自分達のために必要だと思ったからでした。イエスと自分達を守るための当然の判断です。私達が生きて行くために必要なこの世の秩序、この世の常識なのです。しかし、イエスはそれを人々に与えるべく「持って来なさい」と再び命じます。

 そして、弟子達には、イエスが讃美の祈りの後裂いたパンと魚を配る役割が与えられました。弟子たちは、群衆にパンを手渡しに行き、手持ちがなくなると再びイエスのところに戻ります。すると、主イエスによってパンが再び渡される。こうして皆が食べ終わった後に、パンの屑を集めたところ十二の籠がいっぱいになったのだというのです。どうしてこのようなことが可能だったのかを説明できる人はいません。だからこそ奇跡なのかも知れません。しかし、考えさせられるところは多いです。

 「ここには五つのパンと二匹の魚しかありません」、と言った時の弟子達に、私は秒な親近感を覚えます。誰でも毎日の生活の中で、現実の厳しさを前にして、自分の無力さを覚えることが多々あるのではないでしょうか。人と比べて自分の持っているものがあまりにも少なく、つまらなく思えてついため息をつく時もあります。「ここには五つのパンと二匹の魚しかありません」、と言った時の弟子たちの姿は、まさに私たち自身の現実ではないでしょうか。

 しかし、自分のためにも十分でない僅かなものを他人のために差し出す時に、それを十分以上の豊かのものにして多くの人を養う奇跡があることを知ることは幸いです。力弱く才能も能力もほぼ無きに等しい自分をも祝福して人々のために用いてくださる存在があることを知ることは幸いです。

礼拝:日曜日午前10時(ハンティントンビーチ)、日曜日午後2時(トーランス)
お問い合わせ:khs1126@gmail.com (310) 339-9635


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後、ケンタッキー州立大学の大学院に留学し、1999年からロサンゼルスのリトル東京サービスセンターでソーシャルワーカーとして働く。現在、性的マイノリティーをはじめすべての違いを持つ人々のための教会、聖霊の実ルーテル教会 (Torrance) と復活ルーテル教会日本語ミニストリー(OC, Huntington Beach)を兼牧中。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ