NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.104 ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

2022-07-01


 ある古生物学者によれば、2025年頃にはニワトリの遺伝子を操作し、なかば先祖返りのような形で恐竜を再現した"チキンザウルス"が産まれる可能性があるという。
 
 中米、イスラ・ヌブラル島にあった恐竜テーマパーク"ジュラシック・ワールド"崩壊後、島の火山噴火による再度の恐竜絶滅を危惧した救出活動から4年。紆余曲折を経てクローン技術で生まれた少女メイジーにより様々な恐竜が世界中に解き放たれた。かつてパークにいたヴェロキラプトルの世話係オーウェンや管理責任者だったクレアは彼らの保護を行いつつ、これまでの生態系が壊れる懸念を抱えていたところ、なんとヴェロキラプトルのブルーに子供が出来る。本来有り得ない単性生殖の成功例に目をつけた遺伝子研究会社バイオシンは、ブルーの子供と一緒にメイジーまでも研究対象にしようと誘拐する。
 
 飛行機に乗ればケツァルコアトルスやプテラノドン(翼竜)とバードストライク、船に乗ればクジラほどの大きさで凶暴なモササウルスと衝突。いくら恐竜好きでもさすがに共生は無理だ...1作目から早や30年、まさか人類にこんな厄災が降りかかるとは。よりによって自分の苦手な昆虫が暴れ回る様子も重なり、現実なら卒倒もので黙示録さながら。内容自体は過去作を想起させる場面も多く斬新さは少なかったものの、近年の研究から導き出された羽毛を持った恐竜が登場、格好いいビジュアルで期待を裏切らない。また、鋭く大きな3本爪を持つテリジノサウルスや名前の通り巨体のギガノトサウルスなど新しい面々も。もちろん、人間側もオーウェンのバイクアクションをはじめ、懐かしいあのカップルの関係も見どころ。
 
 もともと恐竜の復元にあたり、勝手に増えないよう雌しか創造していなかったはずが、遺伝子に変異が起き繁殖してしまう。さらに、かつて寒冷期のせいで絶滅したとされる恐竜が雪の降る環境に適応する−そう、生物は予期せぬ進化を遂げるものなのだ。実現間近のチキンザウルスにも一抹の不安がよぎる。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc 新撰組9月C Cosmos Grace Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ