NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.102 トップガン マーヴェリック

2022-06-03


 以前、宮城県の“松島基地航空祭”にブルーインパルスを見に行った。アクロバット飛行チームのことで、日本にもそんな部隊があったのか、と興味が湧いたのだ。
 
 “トップガン”―それは、アメリカ海軍の中でもごく限られた優秀なパイロットだけが所属するチームの名称。とあるならず者国家の脅威に対し、困難な任務に直面していた海軍は、型破りだが天才パイロットで有名なマーヴェリックを呼び出し、若くて血気盛んな訓練生の教官になるよう命ずる。彼は、上官とぶつかり、訓練生達をまとめるのに苦労しながら自分なりの方法で高度な技術を彼らに模擬戦で叩き込み、共に不可能に近い任務に臨むことに。
 
 舞台は海軍でありながら、任務内容は相変わらずインポッシブル…マーヴェリックを演じるトム・クルーズには、さすが!と感嘆する。所々に前作を彷彿とさせるシーンや80年代テイストが盛り込まれており、懐かしさが込み上げるものの単なる懐古主義に終わらず、あれから主人公がどんな人生を過ごして来たのかが容易に伝わるようになっている上、上空での訓練、実戦シーンはとてもリアリティがあり、どれだけのG(重力)が襲い身体に負荷がかかるのか、その壮絶さを疑似体験したような迫力で、前作を知らない世代も十分楽しめるはず。軍においてAI技術が進み、将来的にパイロットなど必要なくなるだろう、と上官が言い放った際に、ああ、なんと時代は進んだのだろうと現実を突きつけられたと同時に、映画を観ると、やはり経験値、テクニックを積んだ熟練の操縦士は必要じゃないかとも思わされた。もちろん、争いが起きないのが一番だが。それにしても、バイクに乗っているトム・クルーズが恰好良過ぎて、ああ、自分も後ろに乗せてもらいたい、とときめいた。
 
 松島ではブルーインパルスの飛行後に長蛇の列が出来ており、何事かと見に行くとパイロットがファンに丁寧にサインを書いていた。確かに、これだけの技術を持ったエリート操縦士はアイドルのような憧れの存在だろうと納得した。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組12月 Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ