NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.100 フォレスト・ガンプ

2022-04-14


 有名旅行ガイドブック『地球の歩き方』は分厚い。重たいので、必要な情報が載ったページだけをちぎり、中の地図と、コンパスとを交互ににらめっこして旅をしていた。

 1950年代。フォレスト・ガンプは背骨が歪曲しているせいで脚に補助器具をつけて歩行しなければならず、知能指数が平均より低いこともあり周囲の無神経な人から馬鹿にされていた。しかし、母からの深い愛情と、唯一の友人ジェニーの支えもあり、フォレストは純粋に、真っすぐに成長していく。走るのが得意になっていた彼は、大学ではフットボールで大活躍、その後ベトナム戦争に従軍し、様々な人と出会い、歴史的事件にも遭遇する―いつも、どこにいても大事なジェニーを想いながら。そんな自らの半生をバス停で乗車待ちをしている人々に語りかけていると、ある優しい奇蹟が訪れて…。

 1995年アカデミー作品賞受賞。当時は子供心に「こんな荒唐無稽な話!」とやや呆れた思いと、主人公のあまりの純粋さに反感を持っていたが、今、真逆の感想を抱いている。ストーリーはアメリカ激動の歴史をユーモアを交えてうまく取り入れていて、そうか、こんな流れだったかと勉強になる上、大統領(と時の人)暗殺率にあらためて驚く。そして何より、フォレストのピュアさが心に刺さる。幼い頃、いじめっ子に追いかけられ「走って、走るのよ!」とジェニーに言われた通りひたむきに走っていくスタイルは大人になっても変わらず、真っすぐに走り続けること=生きることで結果的には周りも自分もハッピーになる。その様に自然と涙がこぼれた。近年ITのめざましい進歩により便利になった反面、情報過多かつ複雑な世の中になってしまったと感じるが、そんな状況に振り回されず自分の信念を失わない彼のようにいられたら、と切に願う。

 車で旅をしてもカーナビゲーションをつけないのでやはり道に迷い、その時は土産屋に寄って尋ねる。グーグルに聞くより人とのやりとりが好きだ。アナログ的な生き方は捨てずにいたい。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc 夏祭り Cosmos Grace Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ