NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.64 フランス ~ルーヴル美術館~

2022-03-25

 死のうとしたが成り行きで吸血鬼となり、二百年生きてきた青年ルイが自らの半生をライターに語る―映画“インタビューウィズヴァンパイア”の原作が愛読書のひとつだ。彼がルーヴル美術館を訪れる描写があり、いつかは自分も、と憧れていた。
 
 初見、桁外れの広さと方向音痴も相まって途方に暮れた。床面積はヴェルサイユ宮殿より大きく外観も負けず劣らず麗しい、と思っていたらそもそも城だったそう。十九世紀にはナポレオン三世(ナポレオンの甥)が住んでおり、居室は眩いシャンデリア、金で装飾された壁に赤いビロードの椅子と贅沢三昧。彼は現在のパリの美しい景観の土台を作った功績があるのだそう。

 
 起源が判らず、突如現れ楔形文字や六十進法を発明、巨大神殿ジッグラトを建造し、出土した彼らの像は目が異様な大きさ…と謎だらけのシュメール文明に興味があり、その系譜を受け継ぐ新アッシリア帝国の王、サルゴン二世の宮殿を再現したエリアのある“古代オリエント美術部門”に最も魅かれた。長い髭面に五本足の牛の体と翼を持つ守護霊の石像は神秘的で、威厳に満ちていて圧倒された。他にも四枚の翼、右手に松ぼっくり、左手にハンドバッグを持った精霊のレリーフ等が並ぶ。なおこのバッグ、奇妙なことに遠く離れたメキシコのオルメカ文明でも同様のデザインが見られるのだとか。

 
 彫刻が好きで、ギリシャ神話を基にした“アモルの接吻で蘇るプシュケ”(アントニオ・カノーヴァ作)や、ローマで感動した“聖テレジアの法悦”と同じベルニーニ作“眠れるヘルマプロディートス”も素晴らしかったが、“フィリップ・ポーの墓”という異質な作品に巡り合った。黒い喪服を纏った八人の男が俯いている様が何とも不気味で、故人を運んでいるのだがどうにも死神に見えて不思議と惹きこまれた。
 
 あらためて美術館の資料を見るとホラー映画“エクソシスト”に登場した悪魔パズズの青銅像があると判明、二度訪れているがまだまだ見逃している美術品があると思い知った。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc 夏祭り Cosmos Grace Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ