NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

マイ・ワード・マイ・ヴォイス
vol.21 秩序

2022-03-04

 子供の頃に「フルーツバスケット」というゲームで遊んだ方はいるでしょうか。複数の椅子を円状に並べ、「りんご」「バナナ」「みかん」などのグループに分けた人たちをバラバラに座らせる。椅子に座らない「オニ」がフルーツの名前を呼ぶと、そのグループの人たちが一斉に椅子から立って他の椅子に座わる。その隙にオニもどれかに座り、どこにも座れなかった一人が新たなオニになる。これを繰り返しますが、オニはフルーツではなく「フルーツバスケット!」と言うこともでき、そうすると全員が立って他の椅子に座らなければいけない。

 「なんで哲学なんてやっているんですか?」といった質問をされるたびに私はこのゲームを思い出します。確かに医学や化学、経済学といった学問と比べると哲学などの人文系学問は「役割」や「目的」がはっきりしない、と思う方も多いでしょう。明確な「役割」を持つとされる学問は個々のフルーツグループが移動する状態に、哲学は「フルーツバスケット!」で全員がわーっと移動する状態に知性を使うことだと私は考えます。りんごやバナナのグループなど特定の人たちがどこに座るかはパターンや確率から「正解」を導き出すことができるでしょう。でも「フルーツバスケット!」状態であればそれは極めて難しくなります。

 「それでもフルーツの種類は決まっているのだから、全員が移動してもパターンを見つけるのは不可能ではないだろう」と反論があるかもしれません。確かにそうです。ですからこの例えには限界があります。より正確には、哲学は「フルーツバスケット!」と皆が一斉に移動する際に椅子の数が増えたり、新たなフルーツが加わったり、椅子が2人がけになるなどしてそもそもパターンの想定が意味をなさなくなること。そこで知性を働かせることだと思います。

 世界の中のある部分に対してデータを集め、実験を繰り返し、結果を分析して理解するのではなく、「世界」の枠組み自体をこれまでにない仕方で理解する。国際政治の舞台でいま起きていることを見れば明らかなように、世界秩序が「フルーツバスケット!」となっている今こそ、この種類の理解が強く求められていると思えてなりません。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

葛生賢治

哲学者。早稲田大学卒業後、サラリーマン生活を経て渡米。ニュースクール(The New School for Social Research)にて哲学博士号を取得した後、ニューヨーク市立大学(CUNY)をはじめ、ニューヨーク州・ニュージャージー州の複数の大学で哲学科非常勤講師を兼任。専門はアメリカンプラグマティズム、ジョン・デューイの哲学。現在は東京にて論文執筆、ウェブ連載、翻訳に従事。ウェブでは広く文化事象について分析を展開。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組6月B Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ