NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol87 スパイラル:ソウ オールリセット

2021-09-03


 沖縄県では、鳴き声以外はすべて食べるとまで言われる食材の豚。那覇のお土産市場では豚の顔まるごとの“チラガー”も真空パックで売られているのだが、特に耳を茹でた“ミミガー”が好きだ。コリコリとした食感が堪らず酢味噌につけて食べるとより美味しい。
 
 独立記念日のフェスティバル最中。その日警官のマーヴは非番だったが、たまたまスリの現場に居合わせたため犯人を追いかけ下水道に降りると、突如豚のマスクを被った何者かに襲われ意識を失ってしまう。目覚めたときには拘束されており、“Make your choice.”という録音メッセージと共に地下鉄に轢かれるか、自らの体の一部を失うかの二択を迫られる。

 翌日、正義感の強さや単独行動に走りがちなことで仲間から煙たがられている刑事ジークは、ガルザ署長から相棒として新人シェンクをあてがわれコンビとして最初の殺人事件現場に到着するが、遺体はなんと同僚の警官マーヴだった。
 
 リブート版の名目通り、これまでのゴア描写ありきの作風とは趣が全く異なる。正直、SAWは体力を削られるような痛々しさ―脱出のため大量の注射器の上を這いずる、或いは生き残るためにノコギリで自身の足を切断しなくてはいけないといった強烈さが苦手だったが、本作はサスペンスとコメディ要素がバランスよく合わさり、大衆向けに格が上がった印象を受けた。どこかで一度は耳にしたことがあるだろう緊迫感溢れるBGM、アイコン的存在の豚などはきちんと受け継ぎつつ、主役でコメディ俳優のクリス・ロックの早口お喋りがさすがの面白さ!最後までハラハラしつつも疲労困憊せずに観られ、従来のSAWよりも断然おすすめ。旧作ファンにとっては今回の真新しさは賛否別れるかもしれないが、この路線でもっとストーリーを膨らませた続編を期待したい。
 
 劇中で犯人が被っている豚のマスク、筆者には美味しそうなチラガーに見えてしまってあまり恐怖感が湧かない、という特殊な事情はさておき…。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ