NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

ピアノの道
vol64 20年後

2021-09-03

 皆さんはどこで9.11を知りましたか?
 
 私は日本での演奏活動を終えて実家でNYに帰る準備をしている時、世界貿易センターに飛行機が突っ込む映像を観ました。映画だと思いました。NY便が復旧してすぐ帰った理由の一つは可愛がってくれた指揮者が危篤だったからです。着陸してすぐお見舞いに行きました。日暮れ直後なのにまるで丑三つ時の様に真っ暗で、ブロードウェイが閑散としていました。勢い良い南部訛りの英語とエキセントリックな言動で巷では有名だった指揮者が、骨と皮になって私の手を握りながらただ何度も私に頷いて見せました。(死に逝く人は個性を脱皮していくのかなあ)と思った事を覚えています。当時の私のアパートはマンハッタンからハドソン川を隔てたクイーンズ側にありました。何週間も燃え続けた世界貿易センターの煙の異様な匂いで、私は何度か吐きました。消火活動に当たる救助隊の休憩所となった教会でピアノを弾きました。煙で黒くなった消防服を半分脱いだおじさんが演奏する私の前で合掌したのが忘れられません。
 
 あれから20年。
 
 タリバンがアフガンを制圧したのが8月15日。予定よりも早い米軍完全撤退が混乱の中で8月30日に完了。私の世代には9.11で愛国心や民主主義の理想に燃え、志願した軍人が多いのです。彼らにとっては「戦友は何のために死んだ」「自分は何のためにアフガンで戦った」という苦悩の時。そしてアメリカ全体にとっても、パンデミックの情報ですら意見が対立するこの国で、ベトナム撤退そっくりの混乱を極めた阿鼻叫喚の避難光景がテレビで全世界に流れる中、これからのアメリカをどう考えるべきなのか問われる時です。
 
 国とは、政治とは、国際関係とは何なのか。
 
 こういう時音楽馬鹿な私の唯一の強みは、恥ずかしげなく理想論を唱えられることです。
 
 人間みな兄弟。

この記事の英訳はこちらでお読みいただけます。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

平田真希子 D.M.A. (Doctor of Musical Arts)

日本生まれ。香港育ち。ピアノで遊び始めたのは2歳半。日本語と広東語と英語のちゃんぽんでしゃべっていた娘を「音楽は世界の共通語」と母が励まし、3歳でレッスン開始。13歳で渡米しジュリアード音楽院プレカレッジに入学。18歳のボリビア演奏旅行を皮切りに国際的な演奏活動を展開。世界の架け橋としての音楽活動を目標に、2017年以降米日財団のリーダーシッププログラムのフェローとして活動。音楽のヒーリングについて、脳神経科学者との共同研究や、講義もする。

詳しくはHPにて:Musicalmakiko.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ