NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

ピアノの道
Vol.63 我々の戦い

2021-08-13

 今年は広島と長崎の原爆記念日がオリンピック閉会式を前後し、そして閉会式の一週間後の今日、76年目の終戦記念日を迎える運びとなりました。

 被爆者たちは、口を揃えて被爆直後の地獄図の中での「一時的な無感情」「恐怖心の欠如」「死に対する無感覚」を語ったと言います。その為に必死で家族を探し、病院に向かい、生き延びることができた、と。「Hiroshima in America: A Half Century of Denial (アメリカの中の広島:半世紀の否定)」(1996)で、精神科医のR.J. Liftonはこの状態を「Psychic Numbing (精神的無感覚)」と呼んでいます。

 被爆者たちにとっては必要不可欠な生存本能だった「Psychic Numbing」ですが、この本は原爆投下をしたアメリカ自身もこのPsychic Numbingによって罪悪感を封じ込めた、と主張しています。更にその意識下の良心の呵責が政治への不信などのその後のアメリカの問題の下敷きになった、と。現在の我々は、Psychic Numbingによって世界の紛争や人権侵害問題や気候変動から目を背けてはいませんか?

 8月9日(月)、IPCC(気候変動政府間パネル)は温暖化のもたらす壊滅的な打撃を明確に断定した報告書を発表しました。これを国連総長は「人類へのコード・レッドだ」と表現。将来の不安に危機感を覚える時「Psychic Numbing」は誘惑的です。でも数十年後の地球の壊滅を回避できるかどうかはこれからの我々の決意と行動にかかっているのです。

 問題は、政府の正式発表や統計や学術用語は我々一般人の日常や感情から余りにもかけ離れていて「Psychic Numbing」を誘発してしまう事。科学者が解明する現状と取るべき行動を世界が結束して同調するためには、音楽が効果的だ!そう考える自然科学者と社会心理学者にお誘い頂き、私は今、音楽を使った環境保全グローバルキャンペーンに向けて行動を始めています。

 私たちが作戦を練っている間、次のチャレンジにゲーム感覚で挑んでみて下さい。

●水とエネルギーの使用量を必要最小限にする工夫をしてみて下さい。
●定期的に菜食にして下さい。(菜食と環境保全の関係性については、こちら
●ごみを減らして下さい。(生ごみはコンポスト!ベランダでも大丈夫!便利で簡単!!)

この記事の英訳はこちらでお読みいただけます。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

平田真希子 D.M.A. (Doctor of Musical Arts)

日本生まれ。香港育ち。ピアノで遊び始めたのは2歳半。日本語と広東語と英語のちゃんぽんでしゃべっていた娘を「音楽は世界の共通語」と母が励まし、3歳でレッスン開始。13歳で渡米しジュリアード音楽院プレカレッジに入学。18歳のボリビア演奏旅行を皮切りに国際的な演奏活動を展開。世界の架け橋としての音楽活動を目標に、2017年以降米日財団のリーダーシッププログラムのフェローとして活動。音楽のヒーリングについて、脳神経科学者との共同研究や、講義もする。

詳しくはHPにて:Musicalmakiko.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組10/18 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ