NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
Vol.83 Mr.ノーバディ

2021-07-02


 昔、「犬を飼いたい」と父にお願いしたら、大学卒業まで地元に残るなら許可する、と言われた。今思えば娘を都会に出すのが心配だったのと、家族皆で過ごす時間を少し伸ばしたかったのだろうと思う。
 
 地味な風体で毎日バスで工場に出勤し、一見、何の変哲もない生活を送る凡庸な父親ハッチ・マンセル。幼い娘には慕われているものの、反抗期の息子との関係は良好でなく、妻との仲は冷え切っている。しかし、ある日家に強盗が押し入った事件をきっかけに豹変、元・凄腕エージェントとしての本性をあらわし、家族を守るために激闘を繰り広げることになる。
 
 アカデミー賞にアクション部門があったらぜひ賞をあげたい!それくらい、今のところ本年度ナンバーワンの痛快さ。路線バス、台所、車のトランク―限られた状況下で、そんなものですら武器になるのか、という純粋な驚きに輪をかけ、後半に畳みかけるような怒涛のアクションシーンが続く。中でも主人公ハッチのドライビング・テクニックが物凄かった。もはや、ジェームズ・ボンドやイーサン・ハントに肩を並べる圧倒的存在感だ。さらに、真面目な銃撃戦なのにシュールかつユーモアたっぷりで思わず笑えてしまえるのもナイス、序盤の冴えない中年男性像は完全に吹っ飛ぶ。時に敵に刺され、撃たれ、痛みをこらえながら、特殊能力を持つスーパーヒーローとはまた違う等身大の強さがかっこいい。しかし、実は彼の父親の方がより一層…。筋書やスタイリッシュなアクションが近いデンゼル・ワシントン主演の“イコライザー”が面白かったという人には、間違いなくおすすめ。続編を匂わせる描写もあるので、シリーズ化になれば嬉しい。
 
 さて、先月の父の日。甘いものが好きなので母と話し合ってケーキを提案したが、これ以上太ったら持病の腰痛に悪いという理由で却下された。親バカならぬ娘バカかも知れないが、ハッチに負けないくらい家族思いの父には彼のように体を張ることなく、ただ健康で長生きをして欲しい。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ