NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.150 実は、逆だった

2021-05-14

 「あなたがたが、わたしを選んだのではない。わたしが、あなたがたを選んだ。」

 これはイエスが弟子達に対して話した言葉です。宗教を持つということは、確かに誰かの勧誘などが切っ掛けではあったとしても、最終的にその宗教を選ぶかどうかは本人の選択だと考えるのが当然のように聞こえます。しかし、キリスト教の場合は、一人一人がキリストに選ばれたということをクリスチャンなら意外と普通に受け入れています。

 よく考えてみますと、クリスチャンかどうかを別にしても私達の人生の中において、自分が選んだようでそうでないことは幾つもあります。代表的な例が子供です。確かに子供が欲しいと子供を望んだのは親自身です。しかし、実際は子供は親の選択を超えて与えられるものです。ここで「天国の特別な子供」という詩をご紹介します。

 「会議が開かれました。地球からはるか遠くで、『また次の赤ちゃんの誕生の時間ですよ』、天においでになる神様に向かって天使たちは言いました。『この子は、特別な赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう。この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。もしかして、一人前になれないかもしれません。だから、この子は下界で出会う人々に、特に気をつけてもらわなければならないのです。もしかしてこの子の思うことは、なかなか分かってもらえないかもしれません。何をやってもうまく行かないかもしれません。ですから私たちはこの子がどこに生まれるか、注意深く選ばなければならないのです、この子の生涯が幸せなものになるように。どうぞ神様、この子のためにすばらしい両親をさがしてあげてください、神様のために、特別な任務を引き受けてくれるような両親を。

 その二人は、すぐには気づかないかもしれません、彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。けれども天から授けられたこの子によって、ますます強い信仰と豊かな愛をいただくようになることでしょう。やがて二人は自分たちに与えられた特別の神の思し召しを悟るようになるでしょう。神からおくられたこの子を育てることによって。柔和で穏やかなこの貴い授かりものこそ天から授かった特別な子供なのです。』」

 この詩は先天的な障害をもって生まれた子供を育てるお母さんが書いたものです。我が子に障害があることを知った時、きっと失意と絶望にさらされたことでしょう。しかし、それが自分の選択ではなく、神によって選ばれたことに気づくようになり、それ以来その子供を通して神の恵みと愛に触れるようになったそうです。

 礼拝:毎週日曜日午前10時、午後2時  お問い合わせ:khs1126@gmail.com


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後、ケンタッキー州立大学の大学院に留学し、1999年からロサンゼルスのリトル東京サービスセンターでソーシャルワーカーとして働く。現在、性的マイノリティーをはじめすべての違いを持つ人々のための教会、聖霊の実ルーテル教会 (Torrance) と復活ルーテル教会日本語ミニストリー(OC, Huntington Beach)を兼牧中。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組10/18 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ