NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.77 トムとジェリー

2021-03-19


 「“トムとジェリー”の最終回って、知ってる?」。いつだったか、友人がそんな話題を振ってきた。いや、と言うと続けて内容を教えてくれた。多くのイエネコがそうするように、死期を悟ったトムは姿を消し、退屈になったジェリーは別ののろまそうなネコを見つけ、いつものようにイタズラを仕掛けるのだが―。
 
 ピアニストとして成功することを夢見て、キーボード片手にニューヨークへやって来たネコのトム。セントラルパークで演奏を始めるものの、なんと早速ライバルのネズミ、ジェリーが現れトムを邪魔する。一方、若い女性ケイラは、持ち前の頭の回転の良さを活かして高級ホテルのスタッフの職を手に入れる。ちょうど世界的に有名なセレブカップルの結婚式が行われる予定があり、そのイベントを最高のものにしようと奮闘するが、ホテルにジェリーが住み着き、トムもやってきて大騒動を巻き起こしてしまう。
 
 懐かしく、ラブリーなこのコンビ!実写化というので、はて本物のネコとネズミをCGでどうにか出演させるのかと思いきや、二匹はアニメーションそのまま。それどころか、通行人が散歩をさせている犬やオフィスで飼われている金魚まで、全ての登場動物がアニメーションで可愛らしすぎて、どうしても生身の人間たちやストーリーそのものより目がいってしまう。が、主役はトムとジェリーなのだからそれでいいのだ、と言い聞かせた。華やかなマンハッタンの舞台に負けじと映える二匹がSNSや最先端のドローンを駆使するなど今の時代に上手く適応しているが、トムの相変わらずの大仰な仕掛けの罠や、チーズのいい匂いに誘われて恍惚とするジェリーのシーンに思わず、そう、これこれ!と良い意味でオーソドックスなドタバタ劇を繰り広げてくれてホッとした。
 
 さて、冒頭の話を最後まで聞かされ思わず泣いてしまったが、実は公式にはそんなラストは存在せず、誰かが作ったいわゆる二次創作物らしい。本作を観たらなおさら、この先もずっと二匹の追っかけっこを見続けていたいと思うはず。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組2021-01-12 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ