NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.76 ノマドランド

2021-03-05


 新卒で上京し、晴れて正社員で入社。さあ、どんな未来が待ち受けているのだろうと期待に胸を膨らませた3ヶ月後には退職していた。終電ギリギリの残業、編集部から営業部への強制転属、コミュニケーションという名目の連日の飲み会…人生のレールから踏み外れてしまうと思い怖かったが、鬱病で限界だった。
 
 2011年、リーマンショックによる不況の煽りを受け職を失った女性ファーン。長年連れ添った夫と死別して独り身の彼女はネバダ州にある自宅を手放し、いわゆる車上生活者として必要最低限のものをバンに詰め込み、州をまたいで仕事を探す旅に出る。そして、各地で同じような境遇の多くの“ノマド”達と触れ合い、助け合いながらノマドとして生き抜く知識や情報を得て転々とする生活を送っていく。
 
 観ていて不思議と心地がいい―それが正直な感想だった。寒々しい雪景色や荒涼とした砂漠、哀愁漂う挿入曲に加え、主人公ファーンは笑っている時でさえどこか侘しそう。さらに何の保証もない日雇いで過酷な労働をしているにも関わらず、だ。
 彼女ほど厳しい状況下ではなかったものの、自分も様々な職を渡り歩き住所不定無職で旅に出て、同じような仲間と出会った経験がある。ひとつの企業、組織に属せず自由に働くことの代償は十分に承知しているつもりなので、共感する部分が大いにあったというべきだろうか。また、むき出しの大自然はむしろ美しさすら感じられた。ノマドとして暮らすことへの過度な憧れや、こうならないよう反面教師にしようという思いは湧かず、ただファーンの周りに流されない強い信念が尊く、たくましく、一人の素敵な女性の人生を切り取って垣間見れた気分になれた。
 
 好き好んでノマドになる人、図らずもそうなった人、それぞれに抱える事情がある。皆が個々の価値観を否定せず尊重し合えるようになるのが一番だ。コロナ禍の不況、リモートワークの広がりにより仕事に対する意識が変化する中で、ノマド的な生き方をする人が増えていくのではないかと思った。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組7/4 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ