NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.52 ハワイ州ハワイ島

2021-02-26

 嗅覚は記憶を呼び覚ます―脳の海馬の機能の凄さを、乗り継ぎのホノルルで思い知った。辺り一面に漂うレイの花の香りが、フリルのついたムームーを着たことやファイヤー・ダンスを鑑賞したことなど、すっかり忘れていた思い出を蘇らせたのだ。
 

 ハワイ島を選んだのは“すばる望遠鏡”のあるマウナ・ケア山から星空を観たかったからで、サンライズ付きの現地ツアーに参加した。高山病にならないよう体を慣らしながらのルート、常夏といえど山頂付近は極寒のため防寒具の貸出など至れり尽くせり。プラネタリウム並みに星々が肉眼でくっきり見えた上、ガイドさんが高価な天体望遠鏡でプレアデス星団を、また、レーザーポインターで双子座を示してくれたりと十分満喫したが、サンライズが壮大な雲海越しでさらに感動。運良く滞在中に人生初の皆既月食にも遭遇し、とても神秘的な体験をした。
 

 キラウエア火山の溶岩を含め、ハワイ島の大自然を一望するにはヘリコプターしかない、とこちらも人生初だった。怖くて生きた心地がしなかったが、飛び立てば意外なほど機体は安定し、プロペラ機よりも揺れず拍子抜け。肝心の溶岩は比較的活動が穏やかで噴き出す様子はなかったが、活火山だと肌で感じた。
 

 宿泊は、晴天率が高いコナ側をチョイス。地元の少年達がハプナビーチでサーフィンを楽しんでいたので自分もやりたくなり、すぐにABCストアで20ドルほどの子供用ボディボードを買った。しかし冬場で高波だったせいもありものの数秒で上下反転、溺れかけて以来二度と触れていない。浮き輪ひとつで離岸流に巻き込まれて死ぬ思いをしたこともあり、こうして一人旅で行方不明になってしまう人もいるのだと猛省。
 
 バブル期に親の社員旅行や親戚の結婚式で訪れ、子供心に楽しかったハワイ。レイの花の香り=幸せと刷り込まれていたのだろう、20数年経っても同じように楽しみ、また海馬に深く刻まれた。できれば今際の際にはこの香りを嗅いで逝きたい…そんなことまで思ったのだった。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組10/18 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ