NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.75 マンク

2021-02-19


「モノクロか…」。華やかさに欠けそうで最初は興味をそがれたが、監督はあの“セブン”や“ファイト・クラブ”のデヴィッド・フィンチャー。しかも今年のゴールデン・グローブ賞にもノミネートされているので間違いない、と踏んだ。
 
 ハーマン・J・マンキーウィッツ(マンク)が脚本を書いた“市民ケーン”は映画史に残る大傑作。新聞社や映画会社など複数のマスメディアを経営し頂点に立ったケーンの栄華と凋落を描いた物語で実在した新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストがモデルなのだが、後にこの事が原因でひと悶着が起こることに―皮肉の効いたユーモアの持ち主で魅力的な反面、アルコール依存症でトラブルメーカーでもあるマンクが、監督のオーソン・ウェルズ、プロデューサーのハウスマンに締め切りを催促されながら執筆する様子を、1930年~1940年代にかけて過ごしたハリウッドでの回想を交えて描く。
 
 銀幕のスター!そんなワードが自然と浮かぶ女優マリアン・デイヴィス演じるアマンダ・セイフライドに釘付けになった。画面越しでもキラキラと輝き、脳内で勝手に色艶が補完されるような華やかさ。スクリーン映えとはこういう人のことを言うのだろう。さらに、全編を通じてウィットに富んだ会話や描写が楽しく飽きることがない。
 ただ、時間軸が飛んで複雑、内容が詰め込まれ過ぎだと言う彼の脚本を読んだプロデューサーの感想と同じで頭を使わなければならない場面も多々ある。人物関係や当時のアメリカの政治情勢、またシェイクスピアの作品の一幕や哲学者パスカルの言葉の引用、“華麗なるギャツビー”の作者フィッツジェラルドの名前などが頻出するので置いてけぼりにされそうにはなるが、それを十分に上回る内容。
 
 かつて観た“ローマの休日”や“独裁者”を思い出し、白黒だからといって魅力が半減するわけではないと改心。結果、こんなに面白いすったもんだの舞台裏があったのか、と本家“市民ケーン”もきちんと観たくなった。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組2021-01-12 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ