NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.50 ニューヨーク州

2020-12-24

 「え、12月はこんなに寒いの?」。意気揚々とJFK空港に降り立ってみたものの、最低気温-7℃と予想外の寒さに震え、また雪景色に衝撃を受けた。ノリで来るとこういう事になる―その後さらに痛い目を見るとは露知らず。  
 

 豪華なシャンデリアの登場とともに、テーマ曲“Overture”が流れた瞬間、感動で無意識に涙がこぼれていた。多少値は張ったが、オーケストラが見える最前席を買って良かった…本場ブロードウェイで“オペラ座の怪人”を観たい、と長らく憧れていたのだ。劇団四季のミュージカルやジェラルド・バトラー主演の映画を何度も観て、やっとここにたどり着いた、そんな万感の思いだった。これぞまさにエンターテイメント、と特に感激したのが仮面舞踏会のシーン。大勢のキャストの衣装デザインがそれぞれ違い、まるで王妃マリー・アントワネットが何十人もいるような煌びやかさだった。後にロンドンでも鑑賞したが、個人的にはブロードウェイが一番! 

 
 しかし、当日にパッとチケット売り場へ行き良い席が取れたのはクリスマスど真ん中だったから。当時は欧米のクリスマス事情を知らず、どこも賑わって大変だろうと身構えていたのだが、蓋を開ければ行きたかった店や施設が営業していないケースも多々あり、飲食物すら購入し損ねてひもじい思いをした。 ただ、それを除けばロックフェラーセンター前のクリスマスツリーもエンパイア・ステートビルからのロマンチックな夜景も並ばず見られたので逆に幸運だった。  
 

 また、キアヌ・リーブスとアル・パチーノ出演の“ディアボロス/悪魔の扉”やトム・クルーズ主演“バニラ・スカイ”と大好きな映画のロケ地、タイムズスクエアも人でごった返しではなく、存分に景色を味わえた。観光名所の定番でも、思い入れがあると感慨深いものだ。  
 
 ずっと夢に見ていた割には無計画に行ってしまったが、結果オーライ。ちなみに、ニューヨークの緯度は北海道より少し下で冬が寒いのは当たり前だと、帰国してから気づいたのだった。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組10/18 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ