Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.48 沖縄県 ~宮古島、久米島、西表島~

2020-10-29


 「泳がない方がいいよ、昨日もサメが出たからね!」。沖縄限定オリオンビールを片手に真っ白な砂浜で物思いに耽っていると、突然独特なアクセントが響いた。その声の主、地元のおじ様の話ではイタチザメに咬まれた人がいるとのこと。酔いも迷いも一気に吹っ飛んだ。
 
 就職活動をしようにもやりたい仕事がなく、気付けば大学4年の夏。衝動的に2500km南下し、東洋一美しいと称される宮古島の“与那覇前浜ビーチ”を目指した。もちろんそちらも素晴らしかったのだが、人目を気にせずのんびり出来る穴場的な“砂山ビーチ”で過ごしていたら、冒頭の「サメ注意」である。見ず知らずの観光客にわざわざ声をかけてくれた上、徒歩では宿まで遠いだろうと車で送ってくれた沖縄の人のあたたかさに触れ、帰ったら頑張ってみよう、そして再び来ようと固く誓った。

 
 海の美しさで言えば、久米島の“はての浜”も別格だった。どこかで見たような、とハッと思い出したのがカリブ海、メキシコ・カンクンのターコイズブルー!また、“ちぃとぅ処 福屋”という喫茶店のかき氷は、氷が綿菓子のようにフワフワ、練乳が中までしっかり染み込んでいて絶品で、どちらかというと苦手だったかき氷を生まれて初めて美味しいと思えた。

 
 幻のイリオモテヤマネコに会ってみたいと西表島へも行った。いざネコを探しにドライブをすると島内には信号機が全く見当たらないことに気付くが、決してスピードを出してはいけない。イリオモテヤマネコが幻=絶滅危惧種となってしまった一因に、交通事故があるからだ。残念ながら、会えたのは西表野生生物保護センターでのみ。こんなに可愛らしい生き物なのに、結局人間のせいで…と複雑な気持ちになり、帰り道も安全運転を心がけた。
 
 無事社会人になった後、母を宮古島へ連れて行った。貸し切りタクシーの運転手さんもすごくいい方で、橋の上からウミガメを探し当て、隠れビーチや沖縄料理屋、夜は蛍のいる場所まで案内してくれた。何度行ってもあたたかく楽しい沖縄が大好きだ。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
ユニオンバンク JFC International Inc 新撰組2020-12-06 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ