Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.63 コンフィデンスマンJP -ロマンス編-

2020-08-06


 人生において二度、詐欺にあったことがある。高額な壺を売りつけられた、ネズミ講に引っかかったという典型的なものではない。親しい知人に「少しお金を貸して欲しい」と頼まれ、そういえばしばらく連絡が無いなと思い電話をかけるとあとの祭り、「お客様がおかけになった電話番号は現在使われておりません」。おまけに所在も不明。オーマイ!
 
 “詐欺”を生業としている女性、凄腕のダー子は何か大きなオサカナ=獲物がないかと探していたところ、ちょうどテレビのニュースで香港の大富豪、ラン・リウという女性実業家が話題になっていた。そして、彼女が所有していると噂の数百億円の価値がある財宝、“パープルダイヤ”に目をつける。同じく詐欺師である幼馴染のボクちゃん、年輩のリチャード、新米のモナコを引き連れターゲットのいる香港へ飛ぶが、そこにはかつて自分達が騙したヤクザの赤星や、天才的な恋愛詐欺師のジェシーも現れ…。
 
 一体、何段オチの騙し合いだったろう。自分が騙されやすいのは差し置いて、もしこの全てのトリックを把握出来ていた方がいたなら尊敬する。詐欺の内容もあっぱれだが、『ロマンス編』と名が付くだけあり胸がキュンとときめくシーンも多め。特に、三浦春馬演じるジェシーが甘いマスクと笑顔でダー子とラン・リウを翻弄する様子にはうっとり。こんな男性になら騙されてもいい。欲を言えば、もう一人のナイスガイ、ボクちゃん(東出昌大)の甘々な演技も見たかったが。
 
 また、“死亡遊戯”でのブルース・リーや“ゴースト/ニューヨークの幻”を彷彿とさせる場面など、思わず笑ってしまう隠し要素のコメディもあり、見所がたっぷりあって豪華絢爛。公開されたばかりの続編“コンフィデンスマンJP-プリンセス編-”も期待大!
 
 と、明るい話だけではなくなってしまった。先日、ジェシー役の俳優・三浦春馬が亡くなった。身近な人でなくとも、有名人の死は精神的に落ち込む。それでも、映画を観て純粋に楽しむことこそが供養になるのではないかと信じる。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ