Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.45 メキシコ ~カンクン~

2020-07-30

 失恋の翌日、ヤケを起してカンクンへ飛んだ。入国審査の際、「なぜ1人なんだ?友人がいるのか?」と質問され、“Vacation! My heart was broken!”と答えたら、気の毒そうな表情でスタンプを押してくれた。
 

 「ヨーホーヨーホー、これが海賊の暮らし!」
 カンクンのビーチに寝そべり海を眺めていたら何もかも忘れた。これぞかねてから憧れていたカリブ海!というのも、公開当時、劇場に5回は足を運んだ大好きな“パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち”の舞台なのだ。目の前に広がる澄みわたるターコイズブルーの海…メキシコの通貨さえも知らず衝動的に来たわけだが、この英断をした自分を褒めたい。数日間、テキーラと、ソルやドスエキスといったご当地ビールを堪能して過ごした。気分はまさに海と自由を愛する海賊、ジャック・スパロウ船長そのもの。
 

 もちろんただ酒浸りだったわけではない。マヤ文明が9世紀頃に建設したチチェン・イッツァ遺跡にも訪れた。生贄が投げ込まれたというセノーテ(泉)や球技場もあったが、やはり一番の見所はヘビの神『ククルカン』を祀ったピラミッド。春分の日と秋分の日の日没時にだけ、階段の影とヘビの頭が重なり、大きなヘビのシルエットに見えるよう細工が施されているのだ。エジプトの三大ピラミッドがオリオン座を示しているのと同じように、古代の人々の天文の知識には本当に驚かされる。
 

 また、街を散策していると置物から酒瓶、キーホルダーと至るところにポップなガイコツが溢れており、まるで国のアイコンのようだった。どうやらメキシコには『死者の日』という祭りがあり、賑やかに故人を偲ぶらしい。そういえば“007スペクター”で盛大な祭りのシーンがあったなと思い出した。
 
 失恋してメソメソ泣いている暇などない。次行こう、次!と、新しい出会いを求め…る前に、まずは何処へでもいい、旅に出てスッキリと気分転換をするのがおすすめ。特に美しい海は、全てを洗い流してくれると信じている。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ