Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.137 重荷の負い方

2020-07-09

 「 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」

 このイエスの言葉がクリスチャン以外の人々に対しても癒されると感じる理由は、何の条件も資格も問われないまま、重荷を負うて苦労していると思う人なら、誰でも安らぎをもらえるという内容が、あまりにも私達の都合にぴったりだからです。しかし、残念なことにこの言葉は、私達が期待している内容とは違います。私達が期待しているイメージは、「私はフォードのフルサイズ・ピックアップ・トラックです。荷物など、どんどん積みなさい。代わりに運んであげます。」です。しかし、なぜか「重荷を代わってやる」という約束はどこにもなく、「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」という風に終わっています。「来てわたしの軛を負いなさい」、このままじゃ重荷を代わってもらってゆっくりと休めるどころか、かえってイエスの軛まで負わされそうなのです。

 実は、ここでイエスは「あなた方を休ませてあげよう、そうなるためにはまず私の軛を負って私に学びなさい。そうすればあなた方の魂が休まるだろう」と言っているのです。人々のために自分を犠牲にして十字架を負うほど柔和でへりくだったイエスの生き方に学べば、私達は耐えられる。私達は自分達の重荷を十分に負うことが出来るのだということです。軛とは、2頭の牛で耕作機をひく際、相互を繋ぐために首にかける木枠のことであり、軛を用いることで1頭にかかる負担が少なくなるのです。

 こんなイメージです。私達がイエスのもとに行って、自分の重荷をイエスの引いていた台車に入れて、イエスとペアになって軛を引くということです。その台車の中には自分の重荷はもちろん、元々イエスが引いていた隣人のための重荷があるわけです。隣人のための重荷とは、今の私達の社会であるならば、アフリカ系の人々、性的マイノリティーの人々、合法不法を問わずに移民者や難民の人々のように虐げられ小さくされた人々をかばい仲間となることで不利益を被るようなことだと言えるでしょう。しかし、そのような重荷も、私達の重荷も、すべてイエスが共に担ってくれる。それを知ることは、重荷を負いつつも心が平安に満たされ得ることを知ることです。

 7月12日日曜日の3pmからズームでの礼拝があります。ご興味のある方は是非メールでお申し込みください。 Khs1126@gmail.com


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。現在、聖霊の実ルーテル教会(Torrance)と、復活ルーテル教会・日本語ミニストリー(OC, Huntington Beach)の牧師を兼任中。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ