Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.61 マルコムX

2020-07-02


 「私には夢がある。いつの日かジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが兄弟として同じテーブルにつくという夢が」―人種差別撤廃を訴えた、キング牧師の演説の一部だ。しかし同時代、宗教や理念は異なるものの同じように果敢に戦った人物がいたことを、自分を含め若い世代や米国在住者以外はあまり知らないかもしれない。
 
 1940年代のボストン。アフリカ系アメリカ人のマルコムは幼い頃から聡明だったが、“黒人”というだけで職業選択を狭められ、列車で食べ物を売る仕事をしていた。ある日、バーでギャングのボスに気に入られて以来犯罪に手を染め、逮捕されてしまう。荒んでいたマルコムは、刑務所内で知り合った男にイスラム教と教養を教わり、出所後に“ネーション・オブ・イスラム”という組織に入団、白人社会を否定するスポークスマンとして活動にのめり込んでいく。
 
 5月末、白人警察官が、武器を持たず無抵抗だったアフリカ系アメリカ人を拘束し、必要以上に圧迫して死亡させた。それが発端となり始まった抗議デモや暴動は、まるで教科書で習った半世紀以上前の歴史、公民権運動そのものに映った。マルコムは劇中で“私はアメリカ人ではない。私はアメリカニズムの犠牲者となった2200万人の黒人の中の1人なのだ”と演説をしている。この一言は重く、計り知れない悲しみと怒りの感情が込められていると感じた。冒頭の穏健なキング牧師と比較されることが多く、確かに言葉は過激であるが、実際にマルコムが暴力的だったことはなかったという。彼はあくまで、聴衆の胸に刺さる言葉を選んでいただけではないだろうか。映画を通して今なお残る根深い差別問題の根底が見えた気がしたと同時に、日本人だからあまりピンと来ない、という考えではいけないと痛感した。

 クリスマスにはまだ早いが、ふとジョン・レノンの“Happy Xmas(War Is Over)”の歌詞が思い浮かんだ。肌の色に関係なく、皆が願えば争いは終わる、と。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ