Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.136 「も」でなく、「は」でないといけない理由

2020-06-25

 ジョージ・フロイドさんの死が “Black Lives Matter”「黒人の命は大事だ」という黒人差別に反対するムーブメントを再び甦らせました。しかし、日本等のマスコミでは、これを「黒人の命も大事だ」という風に誤訳しているように思えます。

 アメリカ人としての法的権利と制度的正義の実現のための公民権運動とほぼ同時期の1960年代に、 “Black is Beautiful”「黒は美しい」というカルチュラル・ムーブメントがありました。ブラック・リスト、ブラック・マジック、ブラック・マネー等々、それまで文化的白人優越主義によって、劣等と否定の象徴として使われていた「黒」という概念を、アフリカ系自身が、自らの尊厳を取り戻すようにして再構築しようという運動でした。圧倒的多数の白い文化によって「ブラックは劣等と否定の意味だと信じろ」、と強いられていた状況にあって、彼らは「黒も美しい」ではなく、「黒は美しい」と叫んだのです。

 同じく、アフリカ系の人々の命がこれほどに軽んじられているこの狂った社会、その中での法執行権力の乱用、といった状況にあって、あえて「黒人の命は大事だ」と叫んでいるのです。しかし、これを受けて、保守派の白人グループなどが “All lives matter”すなわち、「すべての命が大事だ」という風に攻撃し、“Black Lives Matter”運動を弱らせようとしたことが、まだ記憶に新しいです。“All lives matter”、確かに聞こえは良いですが、アメリカの現状という文脈から考えると、やはり、まやかしに過ぎないのだということを、同じ教区に属するある黒人の牧師が、こういう例えを用いて教えてくれました。

 「ある住宅街で一軒の家に火事が起こったとする。消防車と救急車がサイレンをならしてやって来た。そして人々の群れの前に止まって一人の消防手が急いで尋ねる。『どの家だ?』そこで人々はその方向を指で指しながら声を揃えて答える。『あの家だ!!』 もちろん住宅街のすべての家は大事だ。しかし、今にも焼け崩れそうなあの家に駆けつけて火を消すことが、今は大事なのだ。「黒人の命は大事だ」と叫ばれることも、これと同じ文脈にある。」 

 すべての事柄は原理原則だけではなく、それが起こっている状況の中で理解されなければならない、ということを改めて考えさせられる今日この頃です。

 毎週の日曜日、メールを通して説教と祈りをお届けしています。ご興味のある方は是非メールでお申し込みください。 Khs1126@gmail.com


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。現在、聖霊の実ルーテル教会(Fruit of the Spirit Lutheran Church)の牧師として日本語の礼拝を行いつつ「誰でもふらっと立ち寄れる人生相談」と「誰にでもわかる聖書クラス」を運営中。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ