Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.60 キングダム

2020-06-18


 殷周秦漢隋唐宋元明清…受験勉強の際、呪文のように暗記した中国史における主要な王朝名。こんなものを覚えたところで将来一体何の役に立つのだろう、と当時は思っていたが、例えば“ラストエンペラー”鑑賞時には、ああ、これは最後の王朝『清』の皇帝溥儀の物語だ、そして本作“キングダム”は、史上初めて中国を統一した『秦』の始皇帝にまつわる物語か、と内容を理解するのに非常に助かった。
 
 紀元前245年、500年もの長い戦乱が続いていた春秋戦国時代の中国。孤児で奴隷の少年、“信”は売られた奉公先で同じ年頃の“漂”と出会い、一生奴隷ではいたくない、ここから抜け出すためには剣術で強くなり「天下の大将軍」になるしかない、と共に夢見て意気投合し、まるで兄弟のように仲良く育った。奉公の合間に剣の稽古に明け暮れていたある日、身分の高そうな者が訪れ、漂の顔を見るなり王宮に仕えないかと話を持ちかけてきた。突然のことに驚く漂と信だったが…。
 
 古代中国といえば去勢された役人『宦官』の存在や、親指以外を折り曲げて畳み、無理矢理足を小さくさせる『纏足』の風習などが怖く、あまり関心がなかった。しかし、本作に登場する若き“始皇帝”といえば彼自身の巨大な墓とそこに埋葬された等身大の兵士や馬をかたどった兵馬俑というミステリアスな要素や、万里の長城を築いた人物ということでとても興味が湧いて観た。映画内での豪華俳優陣の殺陣、アクションシーンももちろん素晴らしかったが、史実にも残っている王宮内での謀略が生々しく、広大な地域を治める一国の長にはかなりの知恵と野心、人望が必要なのだなと感嘆した。今この時代に同じような高いリーダーシップを持つ者などいるだろうかと色々考えあぐねながら。
 
 中国史も面白いものだ!と思わせられた上、歴史に限らず何事に対しても、勉強して得た知識は決して無駄にならないと妙に納得する機会となった。三次関数や化学も投げ出さなければ良かったかもしれない。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ