Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.135 人類の存続のために必要なもう一つのこと

2020-06-11

 数年前に所属している教区が主催するセミナーで非常にユニークな牧師の方にお会いしました。私の名札をみて韓国系だと分かったのか、一人の白人のご夫人が韓国語で挨拶をして来られました。彼女は、韓国語の挨拶の他にも韓国語で子守唄が歌えるし、韓国の童謡もいくつか知っていると恥ずかしそうに言われました。彼女は32年前に、その時3歳だった娘を韓国からアダプトしたそうです。けれども、アメリカに着いて3日が経っても、何も食べようとしないで「オンマ、オンマ(ママ)」と実の母親を求めて泣いている娘を抱きしめて、彼女も一緒になって泣いたそうです。

 その後、なんとかしなければと思った彼女は、娘を車に乗せてコリア−タウンに行き、なり振りかまわず通行人達をつかまえて、どこに行けば韓国の食べ物が買えるのか、と聞き回った時の思い出を語ってくれました。彼女はまた、娘のために知人の知人に頼んで韓国の子守唄や童謡のカセットテープを手に入れて、繰り返し練習し、娘に子守唄を歌って寝かしつけられるまでになったそうです。今ではその娘さんは立派なお医者さんになって、お孫さんが2人もいるそうです。

 さらに、彼女は、娘をアダプトしてから2年後に、カンボジアから男の子をアダプトしたそうです。そして、その息子に先天的な障害があることに気づいたのは、アダプトしてまだ1年も経たない時だったそうです。「二人とも私の大事な子供達です。息子にも同じようにカンボジア語で子守唄を歌ってあげましたよ。」と優しそうな顔で話してくれました。30年以上経った今も、彼女は障害をもつ息子さんを世話しています。
 彼女に会って、人を愛するということは、互いの持つ違いを違いとせず、自分のハートを与えるようにして相手を受け入れることだ、と教えられた気がします。そして、このことこそ、今の私達の社会に最も欠けているものではないかと思いました。

 ジョージ・フロイドさんの死は、黒人差別の現状と黒人の地位向上の必要性だけを教えてくれるものではありません。あらゆる「違い」に対するフォビアを克服し、違いを超えて相手を受け入れ友となることは、地球温暖化防止に引けを取らないくらい人類の存続にとって必要不可欠なことではないでしょうか。

 毎週の日曜日、メールを通して説教と祈りをお届けしています。ご興味のある方は是非メールでお申し込みください。 Khs1126@gmail.com


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。現在、聖霊の実ルーテル教会(Torrance)と、復活ルーテル教会・日本語ミニストリー(OC, Huntington Beach)の牧師を兼任中。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ