Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.59 紳士は金髪がお好き

2020-06-04


 ドアマンに迎えられ入店した瞬間、あまりの眩しさに目を瞑った。右を向いても左を向いても煌々と、いや、神々しく輝くダイヤモンドたち…親友の婚約指輪の下見で一緒にハリー・ウィンストンを訪れたのだが、あの強烈な体験は未だに忘れられない。
 
 ニューヨークのキャバレーで働く、売れっ子歌手のローレライ(マリリン・モンロー)とドロシー(ジェーン・ラッセル)。片やリッチな男性が大好きで天真爛漫、片や貧乏でもハンサムな男性が好きな姉御肌、と正反対の価値観と性格の持ち主だが二人は大親友。ローレライは望み通りに大富豪ガスと出会い、パリでの挙式が決まったものの、彼女をよく思わないガスの父親によって邪魔され、ガスはニューヨークに留まることに。代わりにドロシーと豪華客船で先にパリまで船旅をすることになるが―。
 
 マリリン・モンローといえば、ホルターネックのワンピースが地下鉄の風でめくれてしまう“七年目の浮気”の場面が思い浮かぶ方も多いだろう。が、艶やかなピンクのドレスを纏い、タキシード姿の男達に抱えられて歌う『ダイヤモンドは女の親友』はそれに負けないくらいインパクトが強く、最高にグラマラスかつ可憐で、まるで彼女自身が歌詞のダイヤモンドそのもの。
 昨今では男女平等や性の多様性が広まり、およそ七十年前に公開された本作のローレライは、そのしたたかさや魔性の面が一見『女性らしさ』を押し売りしているように見え批判もあるかもしれない。
 しかし、自分の欲求に正直に生き、男性も女性も分け隔てなく良いところを褒め、頭の回転も早い、そんな美人を嫌う人間などいないはず。「寝るときはシャネルの5番だけ」と言ったマリリン同様、ジェンダーも時代も超越して愛されるキャラクターであり、こんな魅力的な人に少しでも近づきたいと憧れさえ抱いた。
 
 6月1日はマリリン・モンローの誕生日。36歳の若さで亡くなってしまったが、映画の中の彼女は半世紀以上経った今も燦然と輝き続けている―そう、ダイヤモンドのように。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ