NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.55 鉄道員(ぽっぽや)

2020-04-02


 ここ数年、「この映画は絶対に泣けるから!」と人に勧められても、よくある“感動映画ランキング”でもその通りになったためしがない。が、かつてストーリーもさることながらキャスティングも抜群で、人目を憚らずむせび泣いた邦画があった。
 
 北海道にあるローカル線の終着駅、『幌舞(ほろまい)駅』。その駅長、佐藤乙松は生真面目で仕事一筋の鉄道員。自らの職務に誇りを持っており、真摯な姿勢から同僚や後輩たちに慕われていた。しかし、代わりの人員もいない小さな田舎町の駅の“駅長”であるという使命感ゆえに、生後間もない娘が風邪を引いた時も、愛する妻が病に冒された時も、職場から離れることが出来ずひとり駅に立ち続けた。そんな不器用で真っ直ぐにしか生きられなかった男の回想とともに、幌舞に住む人々を描く。
 
 深々と降り積もる雪の中、ただ駅のホームに佇んでいるだけで絵になり、主人公・乙松が内に秘めている悲しみや仕事への熱意、人柄の良さすべてを自然に表現してしまう故・高倉健の演技力。また、現在では数本のみの蒸気機関車が走る姿や、石油や天然ガスなど新しいエネルギーの発展により衰退した炭鉱、寂れた町を見ていると、昭和の時代を生きたわけではないのにノスタルジックでたまらない気持ちになってしまう。そして、定年間近の乙松のもとに不意に現れた少女の正体がわかった時…嗚咽をこらえることが出来なかった。ただ、ひたすら哀しいかといえばそうではなく、見終えたあとにじんわりと心が温まる。
 
 なお、先週、新型コロナにより帰らぬ人となったコメディアンの志村けんが炭鉱夫の役で出演している。酒癖が悪く妻に逃げられ、息子と二人で幌舞へ移住してきたという設定で登場シーンは短いのだが、元々役者なのかと思うほどのはまり役で、もっと出番があっても良いのにと感じた。今年中に再び映画に、それも主演を務める予定だったそう。たくさんの人を笑わせてくれたように、役者としても間違いなく素敵な演技で魅せてくれたはず。本当に悔やまれる。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ