Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

編集部
【緊急連載】新型コロナウイルスについて vol. 30「新型コロナウイルスの第2波は来るのか?」

2020-04-22

【注意】こちらの記事は、米国の情報(米国政府、CDC、カリフォルニア州、ロサンゼルス郡、公衆衛生局など)を基にしております。情報は流動的ですので、最新情報を関係サイトよりご確認ください。

*この記事を電子版でご覧になる場合はこちらをクリックしてください。http://www.nikkansan.com/ereader/?issue=2020-04-22&page=8 


Q32 4月14日、Harvard T.H. Chan School of Public Healthのリサーチャーは、今後、何の対策も取らない場合、再び新型コロナウイルスの感染は拡大する可能性があり、2022年まではソーシャル ディスタンシング(相手と1.8メートルの間隔をおく)が必要だろうと、『Science』に発表しました。新型コロナウイルスの第2波がくるのでしょうか?

A32 過去のウイルス感染症の場合、第1波の後に第2波が来ています。(下図参照)
感染者数や死者数が、第2波の方が第1波よりも多い時もありました。


 最近は暖かくなり、マスクを着用せず、ソーシャル ディスタンシングを守らない人たちがいるので、気を緩めずに感染予防を続けましょう。




【参考文献】日本の内閣官房ホームhttps://www.cas.go.jp/jp/influenza/kako_index.html
CDC https://www.cdc.gov/flu/pandemic-resources/1918-commemoration/three-waves.htm
Harvard University https://www.hsph.harvard.edu/news/hsph-in-the-news


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ