Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.42 北海道 ~道東エリア~

2020-02-27

 果てしない大空と、広い大地のその中でードライブしているとつい口ずさんでしまう名曲“大空と大地の中で”(作詞作曲:松山千春)のように、北海道は広大である。例えば本州からの玄関口、南に位置する函館から最東端の根室までは、ロサンゼルス~グランド・キャニオン間くらいの距離に相当する。
 

 古くから日本画や花札で親しまれてきた“タンチョウ”を見てみたい!と訪れたのが、根室より少し手前にある釧路。頭頂部が赤くて脚が長く、真っ白な翼を広げて空を飛んでいる様子がとても優雅な鶴で、先住民アイヌの人々は湿原の神様として敬っていたそう。乱獲により個体数が減ったせいで現在は鶴居村で保護していると知り行くと…「こんなにたくさんいたら、あまり有り難みがないわねぇ」、と隣にいたおば様の言う通り少なくとも40、50羽がのんびりとしていたが野生のタンチョウを間近で観察でき、念願が叶った。
 

 また、釧路といえばサンマや毛ガニ、真ツブ、オヒョウ(カレイの仲間)など豊かな海の幸に恵まれており、北海道内では水揚量ナンバー1!というわけで繁華街にある老舗店“八千代”で旬の刺身やお寿司と、合わせて地酒“福司/大吟醸”も堪能。しかし、今回の旅で新鮮だったのは、寿司は寿司でも“そば寿司”。創業140余年の“竹老園”というそば屋の名物で、緑がかったそばに酢が染みこんでいて、一緒に巻かれている生姜の香りがとても爽やか!歯ごたえも良く病みつきになる味わいで、近所にあったら週に1回は通いたい。天皇陛下もこちらで召し上がり、卵を使った蘭切そばをおかわりされたというエピソードも。
 

 北海道らしい大自然が見られる摩周湖には何度も行っているが、春夏秋冬違う表情を見せてくれる。今回は雪と霧に覆われていて摩周ブルーと呼ばれる美しい湖面は見られなかったが、夏場よく晴れた日の青さはとても神秘的で、その透明度は世界でも1、2位を争うほど。
 
 道東エリアだけでも、満喫するには最低3日間は必要だろう。時折歌を口ずさみながら、旅は続く。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
ユニオンバンク JFC International Inc 新撰組2020-12-06 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ