Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.51 アウトブレイク

2020-02-07


 ドラッグストアから、マスクと消毒液が忽然と姿を消した。エボラやSARS、MARS流行時は対岸の火事と思っていたが、今回の新型コロナウイルスは日本国内で既に20名以上の感染者が出ており、危機意識が高まっている。そして中国・武漢の病院内で防護服を着用した医師や看護師、殺到する来院者のニュース映像を見て既視感を覚えた。
 
 1967年。アフリカ・ザイールでの内戦中、兵士達が出血を伴う致死率の高い原因不明の病気で次々と倒れていく。事態を重く見た米軍は、これ以上感染が広まらないよう爆弾を投下し、兵士もろとも周辺を浄化、全てを隠蔽してしまう。しかしそれからおよそ30年後、壊滅させたはずのウイルスが再びザイールで猛威をふるい、アメリカ陸軍感染症医学研究所に所属するサム・ダニエルズ大佐が視察に訪れ、その感染力の強さ、惨状に驚愕する。帰国後、アメリカ国内でも似たような症状の患者が出たため、サムは警報を発令するよう上司であるビリー・フォード准将に訴えかけるが…。
 
 今から25年も前の作品とは思えないほどのリアリティで、鑑賞した当時、どのようにウイルスが拡散していくのかが子供にもわかりやすく表現されていて強く印象に残っている。具体的には、ある野生動物に引っ搔かれた傷口から、その傷を負った者が病院へ、病院で咳やくしゃみが飛沫して、あるいは採血中に誤って注射針を刺して血液から―といった具合で、現実的な想像がしやすい。また、強行脱出や暴動、略奪行為など世紀末的な描写はなく、パニック映画というよりもウイルスに対して適切な対応を取らねばならない、という啓発映画と見ていいかも知れない。
 
 近年ではSNSのデマや、モキュメンタリー=いかにも事実のように作られたフェイク映像も流行っているので、何を信じればいいかわからなくなることもある。が、基本はマスク、手洗い、うがい、アルコール消毒、と他の風邪と同じ予防法を怠らないこと。個人的には1ヵ月ほど自宅待機で公欠扱いにでもなればいいなと思っている。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ