Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.39 イタリア ~フィレンツェ、ヴェネツィア、アマルフィ~

2019-11-21

 ローマを訪れたのは彫刻家ベルニーニ作“聖テレジアの法悦”が見たかったから、と前回述べたがイタリアでは各都市それぞれに「これ!」という明確な目的があった。
 

 無礼とみなした人間を食べてしまう、猟奇殺人犯レクター博士ー好きな映画のひとつ“羊たちの沈黙”でアンソニー・ホプキンスが怪演、続編の“ハンニバル”では逃亡中、フィレンツェでダンテの研究をしている設定だった。そのロケ地だからが半分、あとの半分はウフィツィ美術館にあるボッティチェリ作の名画“プリマヴェーラ”が見たかったら、というのがフィレンツェ行きの理由だった。が、大誤算。まず美術館は朝早くから長蛇の列、やっと入場出来たと思ったら憧れの“プリマヴェーラ”は人だかりでゆっくり鑑賞出来ず、美術館を出るにもひと苦労した挙句、せっかくだから観光名所ドゥオーモに登って街の景色を一望しよう!とチケットを買い求めると再び長蛇の列…街並みから映画の雰囲気は十分楽しめたが、ローマから電車での日帰りは無謀だったと猛省した。
 

 それから、いま高潮で水没被害が懸念されているヴェネツィア。華やかな仮面と衣装を纏った人々が闊歩する冬のカーニバル時期はハイ・シーズンのため断念し秋に訪れたが、昼間のサン・マルコ広場やリアルト橋から水面に映る夜景を眺めるだけでも素敵で、“007カジノ・ロワイヤル”や“ツーリスト”で見た光景が広がっているなぁ、と感激。
 

 そしてやはり外せないのは、透明度の高い美しい海!本土で一番良さそうだったのがアマルフィで、ナポリから高速船で移動し、陸に近づくにつれ断崖絶崖に築かれた美しい街並みが見えて来た際には、さすが世界遺産なだけあるなと感じた。ビーチは白い砂浜ではなく玉砂利だったのが意外だったが、教会巡りや街歩きも楽しく、名物のジェラートはピスタチオ味がおすすめ。
 
 彫刻や名画、世界遺産が豊富、数々の映画も撮影されワインも食事も抜群!何でも揃っているといっても過言ではないイタリア。ヨーロッパへ行くなら一度はぜひ。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
ユニオンバンク JFC International Inc 新撰組2020-12-06 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ