Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.38 イタリア ~ローマ~

2019-10-24

 旅に出るには大体きっかけがあり、中には「そんなことで?」というようなものもある。自分でも呆れるが最初にパリを訪れたのは、夢で自分がバイクに乗りエッフェル塔を眺めていて、目が覚めたら実際に見たくなったからだった。ではイタリアは、というと…。

 
 学生時代に“天使の世界(マルコム・ゴドウィン著)”という本と出会った。聖書や文学、絵画などに登場する天使について広く紹介する内容で“聖テレジアの法悦”という彫刻の写真を目にした瞬間、世の中にはこんなに美しいものがあって、こんなに神々しいものを造った人間がいたんだ!と稲妻に打たれた。修道女テレジアが天使と遭遇し、あまりの悦びで気絶しそうになっている場面だそうで、ローマでは、この彫刻があるサンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会にさえ行ければいい。それほどの気持ちで臨み、かつて写真で見た際の何倍も感激した。
 

 とはいえ、目の前は『永遠の都』と呼ばれるだけあって古代ローマ時代からの遺物が盛り沢山。映画“グラディエーター”で剣闘士や猛獣との戦いの舞台にもなった“コロッセオ”にはもちろん足を運んだ。外から見るだけでも十分だが、中の通路には兜や甲冑、膝当て、モザイク画などが展示され、いざ闘技場を見渡すと当時は床があり見えなかった、象やトラが飼われていたであろう地下部分まで見えたのもあり、その壮大さに圧倒された。
 

 また、有名どころの“トレヴィの泉”も行っておこうと夜に回したが、ライトアップされた様子が美しく、むしろ昼間よりも良かったかもしれない。パンテオン神殿からぶらぶらと散策するのも楽しみ、小腹が空いたのでレストランを物色していると、いきなり呼び込みの店員さんが「おいでよ!」と断る間もなく手を引っ張ってきたのでついて行くと、物凄く良心的な値段の美味しいお店だったのもいい思い出だ。そこで食べた本場のモッツァレラチーズの味は未だに忘れられない。
 
 旅にはきっかけがあると言った。次回ご紹介する都市も、やはり同じような感じだ。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで!




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
ユニオンバンク JFC International Inc 新撰組2020-12-06 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ