NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

Los Angelesの顔
No. 70 新・ロサンゼルスうに倶楽部

2018-09-15

ウニが食べたくて身体がうずうずして止まらない人々のコミュニティ

 ◆ロサンゼルスうに倶楽部が主催する「Uni Kai」について。

 池嶋ゆいさん ロサンゼルスに住んでいるウニ好きの学生、日本からの駐在員、アメリカに永住している方など、いろいろなバックグラウンドの方が集まって、新しいウニの魅力を発見しながら、新しい出会いもあることを目的に、「Uni Kai」を開いています。

 元祖「Uni Kai」は私と合田さんという方とで、10年前に始めたのですが、合田さんが日本に帰国したので、途絶えていました。

 この度、新しいコアメンバーとして、苫野哲史さん、花野あけみさんを迎えて、今年、10年ぶりに「Uni Kai」が復活しました。

 新しい「Uni Kai」としては、今回で2回目です。

 「Uni Kai」の復活を機に、長年お知り合いの「雲丹の丸秀」の河村社長にご協力をお願いして、第2回目は、「Maruhide Uni Club」で開催することになりました。

 第2回目「Uni Kai」の参加者は40人です。皆さん、抽選に当選された方たちです。現在はフェイスブックのコミュニティを通じて、活動をしています。

 10年前にあった「Uni Kai」のメンバーたちが、現在、アメリカ各地で「Uni Kai」をしているようですが、私たち「ロサンゼルスうに倶楽部」は、やはり「雲丹の丸秀」のお膝元にあるので、河村社長にいろいろとご意見を伺いながら運営しています。

 ◆今回のテーマは。

 池嶋さん 今回は「ウニ本来の味を楽しむ」です。第1回目のテーマは、「ワインとウニのマリアージュを楽しむ」で、ウニを加工した料理が多かったのですけれど、今回はお寿司、お刺身を味わっていただきました。ウニを焼いたり、炙ったりしながら、ウニの新しい魅力、そしてウニの本来の素晴らしさを引き出すようなメニュー開発を心がけました。

 コアメンバーも調理班メンバーも、みんなボランティアなので、チャットで話し合いをしながら、メニューを決めました。

第2回「Uni Kai」メニュー
1、野菜をウニドレッシングで
2、肉ウニ&焼きウニ
3、寿司
4、ウニ刺身
5、ウニと小柱の冷製パスタ
6、ウニの特選デザート



◆ウニとの出会いは。

 池嶋さん ウニを含めてですが、お寿司を好きになったのは、アメリカに来てからです。日本ではウニもお寿司もとても高いもので、恥ずかしながら、回転寿司くらいしか行ったことがありませんでした。

 アメリカに来て、ウニを食べて、目から鱗というか、ウニってこんなに美味しかったんだ!と、ウニのファンになりました。

 丸秀さんのウニをいつも「Uni Kai」では使わせていただいています。丸秀さんの「ウニのいろいろな味を広めたい」「初めての方に美味しいウニを味わってほしい」という思いに、私たちは共感しているので、丸秀さんのウニを使わせていただいています。私は丸秀さんの社員でもありませんが、ウニの魅力を伝えたいという思いが、丸秀さんと同じです。

 私たちは非営利です。丸秀さんも、ボランティアで活動をしている私たちのことをご理解してくださって、本当にご協力いただいています。だから、「Uni Kai」では参加者の皆さんには、とてもお得な値段で、ウニを楽しんでいただくことができます。


 ◆新しい「Uni Kai」のコアメンバーになった経緯は。

 苫野哲史さん 僕の実家は岡山県で牡蠣の養殖をしているので、牡蠣の研究をしようと広島大学へ進学しました。牡蠣といえば広島なんですが、広島大学には牡蠣を研究をしている人が誰もいなかったんです。

 もともと僕は釣りが好きだったので、広島でイカ釣りにはまってしまい、その結果、イカの研究をしてドクターを取得しました。昨年11月に、UCLAにイカの研究員として来ました。

 今年2月に元祖「Uni Kai」発起人の合田教授や池嶋さん、花野さんと出会い、その場でみんなで「Uni Kai」を再開しようと話が決まりました。

 日本人の皆さんは水産物を好きだと思いますが、美味しい水産物を食べられる機会は、なかなかありません。だから、「Uni Kai」のような場で、サークルとしてみんなで集まって、自分たちで調理をして、「(レストランよりは)安くて美味しいウニを食べましょう」という会を行えば、参加者の皆さんは美味しいものを食べることができます。

 水産の研究者の僕としては、水産の良さを広めることができます。ウニも水産物ですからね。

 ◆新・ロサンゼルスうに倶楽部コアメンバーの役割は。

 花野あけみさん 苫野さんはエクセルなど表を作ったりするのが得意で、池嶋さんはマネージメントに長けています。私は人とのコネクションの面で必要な人材を探します。また、私はいろいろなイベントに参加したり、出演したりしているので、イベントを運営する上で困ったことがあった場合にアドバイスするなど、「Uni Kai」を一歩引いたところで見ています。


ウニ好きな「Uni Kai」参加者のコメント
丸秀のウニ食べて、ウニに2度惚れ

 ◆けいこさん 2回目の参加です。前回はみんなで料理をしたのですが、今回は調理班の方たちが作ってくださって、また違ったUni Kaiを楽しめました。私はウニが嫌いでしたが、新鮮なウニを食べて、ウニが好きになりました。今日の丸秀さんのウニは、2重丸、3重丸、花丸です。

 ◆みなさん 「Uni Kai」について噂に聞いていたので、今回参加できて嬉しいです。ウニづくしでお値段も手頃で大満足です。一人で参加したので、新しい方たちと出会いもあって、とてもいい交流の場となりました。メニューではウニのお刺身とウニのお寿司がとても美味しかったです。

 ◆めぐみさん ロサンゼルスに引っ越してきてから美味しいウニに出会う機会がなかったので、「Uni Kai」に参加して本当によかったです。

 ◆はるかさん 初めての参加です。ウニはとてもまろやかで美味しかったです。クイズで、ウニのことを知ることもできて、たくさんの方と知り合うことができて、良かったです。

 ◆ゆかりさん 「Uni Kai」が発足した当時のメンバーです。「Uni Kai」の再開もとても嬉しいですし、若い方たちがリーダーシップを発揮してくださっているので、それも嬉しいです。お料理もウニの魅力が引き出されていて、新たな発見がありました。私はウニが大好きで、他の国でもウニを食べているので、いろいろなウニを知っています。ウニ専門店の丸秀のウニはグレードが高くて、とても洗練されていて美味しかったです。最高です。

 ◆よしさん 2回目の参加です。ウニ大好きです!日本にいた頃からウニ好きですが、サンタバーバラのウニは日本より美味しいですね。サンタバーバラのウニを食べて、ウニに2度惚れです。今回のメニューで一番美味しかったのは、ウニ寿司です。特に焼いたウニ寿司は、甘みが増して美味しかったです!他にも生ウニ寿司と軍艦のウニ寿司もあって、食べ比べができたので、とっても良かったです。最高でした。次回が楽しみです。

 ◆匿名希望さん 初めて参加しました。ウニのことをたくさん知ることができたので、これからウニをもっと美味しく食べられるようになります。今回のメニューで一番美味しかったのは焼きウニです。

「Uni Kai」に興味がある人は以下をチェック!
ロサンゼルスうに倶楽部FB:@LAuniclub

<2018年9月15日>


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新撰組10/18 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ