NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.6 ジョー・ブラックをよろしく

2018-02-15



 恋って、なんだったっけ。一時期“干物女”という言葉が流行した。面倒だから、何となく、という理由で長らく恋愛を放棄し、心が干物のように干からびてしまった女性を指すのだが、今まさしくその心境である。仕事と趣味とで充実している。でも何かが足りない...。

 ニューヨークでメディア会社を経営する、敏腕社長のビル・パリッシュ。65歳の誕生日を前に、愛する娘アリソンとスーザン、有能な部下ドリューに囲まれ幸せな生活を送っていたが、ある日胸に強い痛みを感じる。それと同時に、どこからともなく「そうだ」という囁き声が聞こえるようになり、不審に思っていると数日後、ひとりの若い青年が現れる。青年はビルを迎えに来た死神だと告げ、人間の世界を案内してくれれば寿命を数日延ばしてやろう、と提案を持ちかける。彼は承諾するものの、死神はあろうことか人間に恋をしてしまうー。

 序盤、スーザンが婚約者のドリューに対してややクールなことを心配し、本当の恋とは何かと諭すビルに激しく同調した。「愛とは、情熱だ」続けて、足が地につかない想いや、目の眩むような興奮は、と畳み掛けてくる。使い古された言葉が並ぶが、ビルを演じるアンソニー・ホプキンスが台詞にすると深みがあり心に響く。そうだ、恋に落ちるとはまさにそのような感覚だった、と思い出させてくれるのだ。そして、青年の姿を借りた死神=ジョー・ブラックが周りの人々と触れ合う様が、子供のようで可愛らしい。あまりに純粋で、こんな風にまっすぐに人と接し、愛することが出来たらどんなに素晴らしいかと思ってしまう。

 出会いは、劇中のようにカフェはもちろん、職場や趣味の集まり、行きつけのバーにも転がっているだろう。しかし、稲妻に打たれるような恋は難しいので、本作で死神役のブラッド・ピットの美しさを堪能しつつ、そんな恋愛を存分に擬似体験するという手もある。ひたすら甘い気分に浸りたい、純粋な恋を思い出したい!という時におすすめ。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組12月 Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ