NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

来夏の映画観ようよ♪
vol.1 ティファニーで朝食を

2017-11-29



 つい先日、ニューヨーク五番街のティファニーで朝食が食べられるようになったというニュースが飛び込んできて驚いた。
 
 「え、そもそもそういう話ではないの?」と思われるかもしれないが、ティファニーは宝飾店であり、もちろんカフェなど存在しなかった。劇中ではあくまでリッチな生活の象徴として描かれているだけである。
 
 テーマソング“ムーン・リバー”の甘いメロディに酔いしれていると、まだ誰も歩いていない早朝のマンハッタンを、ばっちり決めた髪型とロングドレスで闊歩する女性が登場する。それがオードリー・ヘプバーン演じる主人公ホリーなのだが、すべてが様になっていてため息が出るほど美しい。
 
 それだけではない。冷蔵庫からは何故かちらりと靴がのぞき、電話のベルがうるさいからと旅行カバンにしまってしまう破天荒ぶり。様々な男性とデートをしてその見返りのチップで日銭を稼ぐという、一般的には反感を買いそうなライフスタイルすら魅惑的に映る。
 
 そして「いつかお金持ちと結婚を」と夢見る中、売れない小説家のポールと出会い・・・振り回される男達の身になればたまったものではないが、彼女はただ思うままに生きているだけであり、けっしておバカさんではない。会話の端々にユーモアや洞察力の鋭さが光っているし、芯の部分では「誰のものにもなりたくない、自分は自分のものでしかない」という確固たるスタンスを持っているのだ。
 
 そうやって誰にも縛られず自由気ままに生きてきたからこそ、彼女がついに変容するラストシーンは素晴らしい。ポールと過ごした特別な日、タクシーの中で互いにぶつけ合った本音が、それまでの彼女を一変させたのだ。恋愛映画とみなされることが多いが、一人の女性の生き様を描いた、時代を問わないヒューマンドラマとして観るべきではないだろうか。
 
 なお、原作はホリー自身もその結末もだいぶ異なる。強いて言うならば、もっと悪女でもっと自由奔放…それはそれで、読んでみる価値は十分にあると断言する。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問39ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ