NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
vol206 幼児教育

2016-07-07

 昔から「氏より育ち」といわれているのは、人間は氏素性(うじすじょう)よりも教育が大切であり、血統よりも境遇が人格を形成するからである。従って八歳ぐらいまでの情操教育は枢要な位置を占めている。

 幼い頃に身につけた習慣は、「雀百まで踊り忘れず」などの慣用句でも表現されているように、老年になっても退歩することが少ない。幼児期に規則正しい習慣を身につけている子供と、そうでない子供とでは小学校に入学する頃から、その違いが顕著に表れてくる。

 幼児期に机の前に座る習慣を怠り、絵本の読み聞かせや簡単な算数、そして想像力の練磨と自主性、更には自己表現の能力を培わない懶惰(らんだ)な生活を続けていると、取り返しのつかないことになってしまう。

 幼児教育において最も肝要なことは、読み聞かせと音読、そして簡単な計算である。特に音読と計算は、老齢にいたるまで継続することによって、脳の前頭葉を活性化してくれるという。近年、認知症を予防するために、あるいは緩和させるための治療方法としても脚光を浴びている。

 音読に最適な言語は漢字であり、漢字にひらがながまじる日本語は、脳を刺激する上で世界最良といわれている。これらのことを証明する一つとして、脳障害児の治療と幼児の才能開発で世界的に権威のあるグレン・ドーマン博士が、世界中から集まってくる脳障害児に対して、漢字を用いた治療方法をいち早く取り入れている。

 それから、絵本にしろ、童話にしろ、闇雲に子供に本を与えるのではなく、まず親が十分に書籍の内容を吟味してから、良書のみを子供に与えるように心掛けてほしい。この図書の選択は非常に重要なことであるので、怠らないで慎重に取り組んでいただきたい。

 一例を挙げると、同じタイトルの絵本でも、表現が軽率であるものや、「て に を は」などの、文章が不適切な場合がある。更に翻訳された童話になると、これらの不備は数多であるからだ。

 音読をするにあたって、絵本も童話も小説も、散文が中心となっている。声を大にして述べたいことは、韻文の音読である。日本には古(いにしえ)から、短歌や俳句などの素晴らしい定型詩が存在する。韻文は子供たちの感性と想像力を育み、集中力を高めてくれるのである。

 これらの薫陶を受けて育った子は、穏やかで粘り強い性質になると想う。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ