NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
vol200 京の三夏

2016-05-26

 祇園(ぎおん)の孟夏は風薫る季節だというのに、じっとりした蒸し暑い日々が続いていた。昔、高台寺の近くに住む昵懇(じっこん)の木工職人と吾輩とで、今めかしい町屋で京の三夏(太陽暦)を過ごしたことがある。

 えんどう豆、三度豆、わらび、うまい菜など、初夏の京野菜といろんな食材をとり合わせて、友が「おばんざい」をこしらえてくれる。このお菜を肴にして、伏見の酒の色調、冴え、香りを賞玩して、日毎夜毎にしこたま盃を重ねながら、『万燈会』まで厄介になった。

 友は京野菜を嗜好している者で、変物だが隅におけない朋友(ほうゆう)である。友は、吾輩も風変わりだと思っているらしく、二人が交わす弁はまれであった。

 文月の中旬から葉月にかけて、吾輩は、二週に一度か二度ばかり、京の台所『錦市場』へ足を向けるようになっていた。胃袋の中に入れたいものばかり、かたっぱしから買い込んでは値切る。

 週末になると友は朝から、「おばんざい」の仕込みに余念がない。吾輩と友との馴染みを呼びつけて、午下から酒盛りするさんだんだ。

 この日の献立は、冷やし賀茂なす、花丸きゅうりもみとハモの落とし、丹後のとり貝の造り、タコとカボチャの煮つけ、タチウオとアン肝の包みあげ、ハモのゴボウ巻と万願寺唐辛子。仕上げは、上州小麦の冷や麦。

 翌日のブランチには、水ナスの浅漬けと、湯葉入りだし巻き、それから、生麩の田楽が食膳に整然と並んでいた。

 吾輩は友の書いたメモを見つけた。「起きたら、朝粥を作るので声をかけてください」。

 吾輩は友の作る「おばんざい」の品々に、清福を憶えて胸に深くしみいっていた。木工職人の友は背を向けて、黙々と仕事に打ち込んでいる。

 「起きましたよう」と彼に声をかけると、手をとめて寡黙な友は立ち上がったと思ったら、「いつも、おそようさん」と応えがかえってきた。

 「おばんざい」のブランチを、二人はのべつ静やかに味わった。木工職人と物書きの、京の三夏の町屋暮らし。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ