NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
vol189 中華料理万歳

2016-03-11

 一時期、よく利用した中華料理店がイングルウッドにある。美味い、安い、早い、まさにこのキャッチフレーズがピタリとあてはまるレストラン。ただし、入り口付近に貼り付けてある衛生基準を示す値は、いつ訪れても「C」のままである。

 世間は慌ただしい昼時だというのに、オーナー・シェフ兼ウェイターの、無精髭を生やした小太りの熟年親爺が、店の入り口付近で煙草を喫みながら中国語の新聞を読んでいる。灰皿は吸殻の山。親爺の薄い髪の毛には粉状の白いフケと、頭をかきむしったときに取れた小さなかさぶたが浮いていた。

 この店で呆れることは、オーダーをとりにくる際や料理を運んでくるときに、親爺に大きなゲップをかまされることである。ある日、仲間と昼過ぎに訪れたときには、スープの中にゴキブリが二匹混入していた。もう少し衛生観念に敏感であれば、さぞ繁盛するだろうに。

 LAのチャイナタウンに三十二年前から、ひいきにしているレストランがある。チャイナタウンの北の果て、ブロードウェイにある『高朋飯店』(チャイニーズ・フレンド)。チャイナタウンで、最も小さなレストランだと思う。

 評判高い「什錦炒飯」(エビと肉類の焼き飯)は、庶民のエンペラーの味。高価で味わいのある炒飯を食べさせてくれるレストランは、ここチャイナタウンには山ほどあるが、開店以来、地元華僑の舌根を唸らし続けるためには、美味さだけではなく廉価なければならない。

 その他にも、「清炒蝦仁」(エビのむき身塩炒め)、または、「溜炒蝦」(スパイシー・ハウスシュリンプ)。そしてショウガ入りチキンスープに、今も変わらず、ぞっこんなのである。

 サンディエゴ北部、ソラナビーチの『上林宴』(キングス・ガーデン)で食したガーリックフレーバーのポークは、豚肉とタケノコとキクラゲを極細に切って、強大な火力で仕上げられていた。

 その職人の知恵と冴えわたった技は実に見事で、中国四千年の悠久がまめやかに媚びていた。庶民的かつ繊細な旨みに僕は舌を巻いたのである。

 いつの日か、また足をのばしてみようと思う。ともあれ、中華料理万歳だ!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ