NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
vol.38 歌人西行

2013-05-28

 花あれば西行の日とおもふべし(角川源義)
   
王朝時代の末期(一一四〇年頃)に、皇族の警護をする武士であった佐藤義清(西行)は、二十三歳の時に出家して仏教と和歌の道に精進した。花鳥風月に魅せられて全国を行脚した西行は、流浪の民となって叙情的歌風を極めていく。
   
うかれ出づる
心は身にも
かなはねば
いかなりとても
いかにかはせむ
 
著名な独文学者でもある作家の中野孝次さんは、これは西行が自問自答しているような、屈折した、ごつごつした感じの歌であると解説している。
 
「うかれ出づる」は、西行の愛用した語で、花、川、旅に魅せられて、そちらへと心が抜け出ることを大意しているらしい。
 
中野孝次さんは西行を称して、生きていることがすなわち歌になった人であり、自分の心に向かって、われとは何かを問い続けた人であるという。
 
「西行を小説の主人公にする勇気はない」。と述べたのは井上靖さんである。出家する動機がつかめないからだ。

西行には不明な部分が多いので、憶測を交えながら和歌に親しんでいると、新古今の「幽玄」美を超越した、悠久の西行の心とだけ対峙することができる。
   
桜前線が河内の里(大阪府・西行入滅の地)に差しかかる時節、『山家集』を小脇に挟んで、来年こそ千本桜で名高い吉野山へ足を延ばしてみたい。

頂きの奥の千本には、吉野山の桜を愛した西行法師が、四年間にわたって住んだわびの旧跡(西行庵)がある。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組6月B Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ