NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
Vol.37 ジャンケン

2013-05-28

 二十年ほど前から、子供たちのジャンケンのやり方が変わってきた。まず、「最初はグー」で呼吸を整えておいてから、ジャンケンポンが始まる。

 関西では「ジャンケン」のことを、「インジャン」といったりする。このインジャンなるものは言うまでもなく、勝ち負けを決めることにあるのだが、本来は結果よりも、その過程を娯(たの)しむことにあるのだ。

 牽制、後出し、待ったをかける、両腕をねじって両手の穴の隙間を覗くこと等、これらの駆け引きを通して、互いの心の触れ合いが深まっていくのである。

 今は亡き上方漫才界の大御所、中田ダイマル、ラケットの漫才のネタに、ジャンケンを取り入れたものがある。相手がチョキを出して自分がパーの場合でも、「ぼくの勝ちや」と、開き直る。理由を聞けば、「ぼくのパーは鉄板だ」という。

 ジャンケンは遊びを始める前の鬼決めや、先攻か後攻かを決めるための、一種のくじ引きみたいなものである。

 僕は「最初はグー」で始まる、この官僚主義的ジャンケンの仕方に嫌悪をもよおすのだ。ジャンケンを始める間際に、「最初はグー」でタイミングを整えておくと、確かに後出しがなくなる。けれども、そこには人間臭さも、人生の醍醐味も、そして何よりも遊び心が消滅してしまっている。

 志村けんさんが始めた「最初はグー」以前から、流行り始めていたジャンケンで、「あっち向いてホイ」というのがある。あるテレビ局のディレクターの話しによると、あれを最初にやりだしたのは萩本欣一さんだそうである。

 じつは、この「ジャンケンホイ、あっちゃ向いてホイ!」なるネタは、四十年ほど前に、大阪のテレビ局で始まった『脱線スカタン選手権』(吉本興業)という番組の中でのゲームが発端であった。

いずれにしても、たかがジャンケンではないかと思いきや、されどジャンケンである。「最初


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組6月B Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ