NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
Vol.35 スイングしなければ意味がない

2013-05-28

 今、書斎にペッパー・アダムスのバリトン・サックスが流れている。日ごろから物を書くときには、ジャズを流して執筆にいそしむ。眠りにつくときも、ドライブをするときも、そして食事をする折りにも、日がな一日ジャズを聴いている。

病院のICUにいた際も、ヘッドフォンをつけてジャズに酔いしれた。ジャズに看取られて逝くなら本望だと思った。

ジャズを聴いている最中に、よく詩が浮かんでくる。昨日と一昨日は、一行詩が淀み無く浮かんできた。「桃の実は木から病も気から」、「天国で安心して不安に過ごしたい」、「考えて考えあぐねて日が暮れた」、「星ひとつ遥かかなたに片恋のついおく」。

僕が一行詩を始めた弾みとなったのは、尾崎放哉の無季自由律の俳句を読んでからである。かれこれ、三十七年前にさかのぼる。かの有名な「咳をしても一人」、「いれものが無い両手で受ける」。僕はこれらの句に魅了されてしまったのだ。

放哉の句を初めて読んだ折りに、待てよ、と思った。無季自由律の句なのに、「咳」は冬の季語であるからだ。僕はしばし考えた。多分、放哉は「咳」を季語と意識して、作ったわけではなかろうと察した。

僕が俳句を作りだしたのは大学生の頃に、俳句同好会の朋友に誘われて、句会に主席したのが契機となる。時を経て、ひょんなことから、俳人の近松寿子さんと知り合いになれた。隔月に催される『連句の会』では、鮨屋の二階で酒を酌み交わしながら、鮨をつまんでは連句を巻いた。往時、僕と連衆が巻いた歌仙は、近松寿子著編『連句をさぐる』に掲載されている。

渡米後、俳句とは疎遠になっていたが、四年半前に悪疾に見舞われてから、再び俳句を作る誘因になった。「癌病みて神の計画に喝采」。これは病院のICUにいた折に作った俳句。

 ジャズと詩と俳句はそぐわないというけれど、僕の感性にはスイングするのである。人生も文学も、スイングしなければ意味がない!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組6月B Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ