NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

苦楽歳時記
Vol.31 小イカ鍋

2013-05-28

 三寒四温は中国の華北地方や朝鮮半島などで、冬季に見られる天候の現象であるが、当地でも、初夏のように汗ばむ日が続いたかと思えば、乾燥して澄み切った大気の冷たい冬晴れの日が続く。
 
年中温暖な地方として、有名な南カリフォルニアであるが、雨季を迎える冬期には、寒冷の日が幾日かある。特に山沿いや沿岸地帯では、暖炉の火を熾すことが日課となっている。
 
真冬の寒空に天狼が輝き始めるころ、夕餉(ゆうげ)の膳に鍋料理が用意されていると、ほっと気を和ませてくれる。

「鮟鱇(あんこう)もわが身の業も煮ゆるかな」(久保田万太郎)
東の横綱、鮟鱇鍋に相対するのは、西の正横綱、河豚(ふぐ)鍋である。関西地方では「河豚は食いたし命は惜しい」というように、あたったら死んでしまうので、てっぽう鍋(てっちり)と呼ぶ。

「すっぽんの歯が抜けて落ち秋の椎」(和知喜八)
この両横綱の更に上をいく高雅な鍋物がある。家庭料理としては馴染みの薄い、簡素で優雅なまる鍋(すっぽんの鍋料理)だ。
 
当地カリフォルニアでも、美味くて、安い、簡単に調理できるのが、小イカのしゃぶしゃぶ。背中の薄骨を取り除いた小イカを、しゃぶしゃぶを食べるときの要領で、まるまんまポン酢につけて食べる。あるいは、よく熱したフライパンで焼いて、生姜醤油をつけて食べる。ポイントは煮すぎない、焼きすぎないこと。
 
牛肉や豚肉のしゃぶしゃぶと共に、小イカのしゃぶしゃぶを食べるのも、また楽しい。      

一句「冬盛りスミに置けない小いか鍋」。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

新井雅之

文芸誌、新聞、同人雑誌などに、詩、エッセイ、文芸評論、書評を寄稿。末期癌、ストロークの後遺症で闘病生活。総合芸術誌『ARTISTIC』元編集長。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組6月B Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ