NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

今月の庭仕事
Lesson 37

2011-01-22

 新年あけましておめでとうございます。先月の中旬から始まった雨も、先週ようやく終わりました。バックヤードがウィードに埋め尽くされている情景が目に浮かびます…。くれぐれも種など飛ばさせないようにお願いいたします。

 さて、私の場合、1月に入ると、カスタマーのローズの剪定を始めます。剪定を“低く伐る”と勘違いしている方、多いですね。“形を整える”とも言いますが、去年伐った位置、芽の位置、交差している枝、同方向に向いている複数の枝、等々、いろいろ注意しながら伐らないといけないにもかかわらず、太い枝を伐る大きなハサミで、“同じ高さにブッタ伐り”では、これから1年間のローズの栽培に支障をきたしてしまいます。

 低く伐った事により内部にも陽があたり、内側に向いていた芽からも枝が伸び始めて、ブッシュになってしまいます。この状態はローズにとって、良い環境ではありません。

 日陰、ホコリっぽい、乾燥、この3つがそろえば、どうなると思いますか?「八つ墓村のたたりじゃ!」と、石坂浩二の顔が思い浮かんだ人、あなたも私と同じりっぱなおじさんです。

 さて、話を元に戻しましょう。日陰、ホコリっぽい、乾燥の3つ要素がそろうと、病害虫の被害にあう恐れが増大します。私のカスタマーもそうですが、病害虫の大好きな環境はそのままにしておいて、全て化学薬品のスプレーだけで解決できると勘違いしている人が、大勢いるのではないでしょうか?

 化学薬品のスプレー(ファンジサイド殺菌剤、インセクトサイド殺虫剤)は、根本的な問題を解決するまでの時間稼ぎ、一時的なものと考えてください。一時的に被害は改善したようにみえますが、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

 スプリンクラーの散水が原因でない湿度の上昇などは、自分でコントロールできませんので、化学薬品のスプレーに頼らざるをえない場合もありますが、何を目標に,いつ、どのように、化学薬品のスプレーをすればよいのかがわかれば、化学薬品の量は減らせます。具体的な例は、次回です。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

南加庭園業連盟

SCGF: Southern California Gardeners' Federation
333 S. San Pedro St. Los Angeles, CA 90013

ガーデニングなどに関するお問合わせは、南加庭園業連盟まで(日本語&英語
で)
FAX: (213)628-1330 メール: info@scgf.org

SCGF: 1956年創立、日系庭園業のNPO。日系社会発展に大きく貢献してきた。
現会員数は1300人。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UnionBank 2021-01-05 JFC International Inc 新選組9/3 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ